苦難によって完成される霊的備え

 しかし次に、神がヨセフの苦難の中におられたことがわかります。神の主権の御手の下で苦難が必要だったことがわかります。苦難は王座のために彼を備えるものだったのです。もし苦しむなら治めるようになります。これはたんなる苦難の事実のためではなく、苦難が私たちの内で成し遂げることのためです。ヨセフの苦難は偉大なことを成し遂げて、王座のために彼を整えたのです。

 彼は仕える方法を学ばなければなりませんでした。なぜなら、奉仕が王座のしるしだからです。遂に彼が王座に達した時、それは彼の兄弟たちに仕えることでした。私たちの永遠の運命は無為な余暇の生活である、と思わないようにしましょう。その素晴らしい点は奉仕です。「彼の僕たちは彼に仕える」。彼は奉仕を学ばなければならず、厳しい学校でそれを学びました。ポティファルの家は、僕になることをそこでヨセフが学んだ学校でした。彼の学校はとても厳しい困難な学校でした――エジプト人の家の僕でした。神の皇子の子供、イスラエルが心を寄せる息子は、ポティファルの家での奉仕によって服従を学びました。すべて空っぽにされました。それは、治める方法、高ぶらずに富を持つ方法を、彼が学ぶためでした。満たされるために空にされ、高く上げられるために低くされました。高く上げられた状態で奉仕するために、低くされた状態で奉仕しました。この諸々の苦難は何事かを成し遂げつつありました。ヨセフの苦難をすべて網羅することはできませんが、諸々の苦難が臨んだのは王座に至る道としてだったのです。

 ですから、ヨセフは真に霊的な教会とその宿命とを表しています。その宿命とは、キリストと共に統治することです。当面のあいだ、この統治する地位への小径は、拒絶、苦難、拒否、屈辱の小径です。そしてそのほとんどは、霊的でない神の民の間にある肉的要素によります。

 さて、これ以上何を述べることができるでしょう?王座に達することは目標に達することです。命の道、命の働きがわかります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


選びの器に対するサタンの憎悪

 これにはそれよりも更に深い何かがあると思います。ヨセフがキリストの型であり、それに何の疑いもない以上、彼の宿命はキリストのように王座に至ることでした。しかし、その王座を渇望する他の者がいました。この者は、この王座への大志を抱く人に対する状況を無茶苦茶なものにし、この王座に召された人々の生涯を何としても苦難と苦しみの生涯にしようと立ちはだかります。この光景全体の背後の影に隠れて、これが示すもの、これが前もって表しているものを絶えず見ていた者がいたのだと思います。私が思うに、たとえ影や絵図だとしても、サタンはどこでも常にキリストを見分けることができます。そしてこの絵図・型により神は、この王座に確実に達する方がいることを示唆しておられました。サタンはこれに反対します。そして、これを不可能にして挫折させるために、サタンはあらゆる肉的な手段を用います。そしてここに肉的な兄弟たちがいて、この王座に目を向けているこの人に襲いかかるのに必要な立場をサタンに与えていました。彼の渇望はサタンにとってあまりにも気高いものでした。もし教会が、神の意図された御旨にしたがって、このような渇望を持つなら、教会はサタンの手により辛い時を過ごすでしょう。サタンの手から直接苦しめられるだけでなく、肉的なクリスチャンたちによっても苦しめられるでしょう。神と共に進み続ける者たちに対する最大の障害、邪魔物、苦難の原因は、肉的なクリスチャンたちです。神と共に進み続けるつもりなら、あなたはこの世によって苦しめられる以上に、信仰を告白する教会によって苦しめられるでしょう。これが苦難の道であり、王座に至る道です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


真のビジョンの効果

 次に何が続くのでしょう?苦難、拒絶、屈辱です!しかし、これは今述べたことと矛盾していませんし、父親の愛の否定でもありません。主イエスが十字架の道を行かれたことは、彼に対する神の愛に決して反するものではありません。まったくそんなことはありません!なぜヨセフは苦しんだのでしょう?ヨセフはどのように苦しんだのでしょう?最初に、彼は自分の兄弟たちから憎まれました。彼は兄弟たちの憎しみを被りました。なぜでしょう?これには二つの面があります。一方において、彼が苦しんだのは兄弟たちが肉的だったからです。他方において、父親を悲しませて辱める道であることがわかった道に反対したからです。これは誤解されずに述べるのが難しいことです。それにもかかわらず、これが正しい立場です。命の霊の法則にしたがって実際に進み続けていて、その中にこの法則が働いているものは、肉性に関する霊的識別力を持つようになります。主の子供たち、御父の家族の中にある肉性に関してもです。そして、そのような識別力があるために、それを受け入れることができず、それを拒否して、神の民の中にある肉性に反対する立場に、必然的に達することになります。そしてそうするやいなや、あなたは追放され、「自分は優れている」と思っていると見なされてしまいます。あなたは絶縁されて排除されます。拒絶されます。嘲りと非難の対象にされます。苦しみに遭います。肉性は暴露されるのを嫌がります。これが理由でヨセフは苦しみました。これが苦難の道です。神の最善のために立つことは、神の最善よりも劣るものに反対することを常に意味します。

 次に、ヨセフにはこのさらに進んだ点があることがわかります。彼の切望はあまりにも気高いものでした。彼の心は王座に向けられていました。彼は統治する生涯を夢見ました。これらの原則は、とても人間的な物語の中に包まれています。主は不自然な絵を描くような御方ではありません。私たちが霊的な諸々の原則を示すためにこれを記していたなら、まったく別の方法で記していたにちがいありません。主は、主なりに、とても人間的な言葉でこの物語を告げます。そして、ヨセフが自分の兄弟たちとのやりとりで通ったこの不幸な道の詳細をすべて私たちに示します。しかし、それにもかかわらず、このとても人間的な物語――ヨセフが最高のもののために立っている間ですら、この物語からこの人のあらゆる欠点がわかります――の背後には、この人間的物語の背後には、諸々の原則が隠されています。これらの夢と、それをヨセフが告げたことの背後には、ある原則があります。ヨセフは神の御旨である王座を見ていたのであり、神と共に最後まで歩み通す人たちのための目的を見ていたのです。王座は、神ご自身から発したこの命のために神が定められた宿命です。この命は、もしそれが自分の道を進むなら、その源に戻らなければなりません。そこから発した方に戻らなければなりません。神に戻ることができる唯一のものは神ご自身の命、神ご自身のものであり、それ以外にありません。この命が与えられているのは、苦難という聖別の過程を通して私たちを王座に導くためです。これがこの命の宿命です。そして、この原則がヨセフを問題の中に巻き込んだのです。ああ、この統治する命、この王座の命、この勝利する命は、何という敵意を引き起こすことか――「お前は確かに、自分は何か特別な者になる、他の誰よりも優れた気高い者になる、と思っている!」。このような言葉で人々はあなたを罵ります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


選びの器の神に対する独特な関係

 しかし、ヨセフは父親に特別に愛されていたことに注意して下さい。ヨセフの試練について取りかかる前に、これを確立しておくといいでしょう。「主は愛する者を訓練し」、サタンは常にこれに反対します。私たちが困難、苦難、屈辱、拒絶の中にある時、「主はお前を愛していないのだ」という声が常に耳元にあります。ですから、ヨセフは父親に特別に愛されていたことに注意するといいでしょう。なぜでしょう?すでに見た諸々の理由のためです。まず第一に、彼はあの二倍の労苦の結果でした。父親は彼のために二回にわたって労苦しました。ヨセフを生み出すにはとても大きな代価が必要でした。キリストのからだである教会は、御父の御心の極めて深い苦しみの実です。神は教会を確保するために大いに苦しまれました。それは神の教会です。何と素晴らしい宣言でしょう!教会やキリストのからだと称されることがとても多いのですが、ここではその名称は「神が御自身の血をもって買い取られた神の教会」(使二〇・二八)です。こういうわけで、教会は神にとって特別に慕わしいものなのです。しかし、これがそうなのは、教会が神の二倍の奉仕、苦しみ、労苦の結果であるからだけでなく、教会は神の御霊の実であり、神の御霊の苦しみから生じたものであり、神の最も内なる部分に極めて深く応えるものだからでもあります。これは素晴らしいことです。このように神は教会を御覧になります。神はありのままの私たちを御覧になるのではありません。キリストの中にある私たちを御覧になるのであり、これは永遠にそうです。驚くべきことです!

 これを示す最も驚くべき実例・予型は、バラムがイスラエルについて述べるよう強いられた発言の事例です。その事例では、バラムは自分自身の言葉を述べることが許されず、神の御言葉を述べるよう強制されました。あらがえない強制の下で、山からヤコブの諸部族が展開している谷を見渡した時、彼は「神はヤコブの内に不法を御覧にならない」と言いました。ヤコブを見て下さい、荒野での生活を見て下さい、反逆、つぶやき、心の中でエジプトに逆戻りしたこと、不忠実さを見て下さい。それにもかかわらず、このようなあらゆることを前にして、神の御心から発したこの驚くべき宣言が、不忠実な預言者の口から嫌々ながら強制的に発せられたのです。「神はヤコブの内に不法を御覧にならない」。何という恵みでしょう!

 ですから、主は教会を恵みの実として、ご自身の苦しみの実として御覧になります。そして教会は、私たちには述べるのが難しい方法で、どうにか主の御心に応えます。「キリストは教会を愛された」。キリストは昔も今も教会を愛しておられます。何らかの神秘的な方法で、キリストは御自分の心が願うものを教会の中で獲得されるからです。「キリストがそれを私たちの間で獲得されますように」という願いが、どうかますます深まりますように。これが父親に対するヨセフの立場であることがわかります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


王座と真の宿命

 これがヨセフにしっかりと臨まなければなりません。これらの様々な段階に沿ったこの命の働きは、これらの様々な事柄を自然に神の子供の現実としますが、すべて一つの宿命、一つの目標に向かって進んでいます。この命の法則は、私たちの中で自由な道を与えられるなら、私たちを王座にもたらします。その結果は王座であり、神と共に統治することです。しかしどのようにしてでしょう?苦難、謙卑、拒絶によってです。これが王座へと至るこの命の道です。これがヨセフが示していることです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ