さて、エルサレムへの途上、イエスはサマリヤとガリラヤの境に沿って旅をされた。ある町に入った時、らい病にかかっている十人の人が彼に会った。彼らは遠くに立ち、「イエスさま、主よ、私たちを憐れんで下さい!」と大声で呼ばわった。
 イエスは彼らを見て、「行って、自分を祭司に見せなさい」と言った。彼らは行く途中で清められた。
 彼らの一人は、自分が癒されたのを見ると、大声で神を賛美しながら戻って来た。そして、イエスの足下にひれ伏して、感謝した――その人はサマリヤ人であった。
 イエスは、「十人全員清められたのではないのですか?あとの九人はどこにいるのです?この外国人以外、誰も戻って来て神を賛美しなかったのですか?」とお尋ねになった。そして、その人に、「立ち上がって行きなさい。あなたの信仰があなたを治したのです」と言われた。(ルカ一七・一一~一九)


 友よ、あなたに尋ねよう。もしあなたがこの十人のらい病人の一人だったなら、「清くなれ!」という神の語りかけで清められたとき、どう感じるだろう?もし罪と恥から解放されて、自分の内側に命を感じるようになったなら、どうだろう?あなたは喜ぶだろうか?それとも、恥じ入るだろうか?「苦しみから癒されよ」と言う機会を神に与えることを拒否するだろうか?神に癒してもらうことを、あなたは拒むだろうか?さて、私はさらに尋ねよう。私や他の人があなたにこう言ったとしたら、どうだろう?「そんなことは不可能です。こんな状況で希望を持てる人はいません」と、あなたは答えるだろうか?

 神からの助けは、自分が思う以上に、たびたび与えられている。しかし、私たちのあまりにも多くは、この九人のらい病人に属しており、戻って来て神を賛美したサマリヤ人ではない。私たちは様々なものを見、奇跡的なしるしさえも見る。しかし、神に誉れを帰さない。様々なことを聞くが、それでもひざまづかない。私たちはあまりにも自分に満ち足りているせいで、「主よ、私の神であり救い主よ、あなただけが私たちを助けることができます」と言わないのである。

 たとえイエスが実際に私たちのただ中におられたとしても、私たちは静かに彼を脇に押しやってしまうおそれがあることに、あなたは気づいているだろうか?たとえ何かを内面的に経験して――癒しさえも経験して――それを喜んだとしても、その後、その経験を自分のポケットにしまいこんで、それについて二度と考えなくなるおそれがある。私たちの中には、「自分は偉大で賢い」と夢想してばかりいる人間的要素があるように思われる。そのため、望みのものを取り落としてしまうのである。人の意見や反応を恐れるあまり、渇望しているものを落としてしまうのである。私たちは救い主を助け手として受け入れるかもしれないが、その御名を口にするのを恐れて、黙ったままなのである。

 イエスのなしうることを証しする勇気がないなら、好きなだけ教会に通って、正確な信条をすべて持っていたとしても、私たちは地上における神の御業の障害であり続けるだろう。救い主について好きなだけ語り続けたとしても、もし彼を敬わないなら、何の益があるだろう?たとえ癒されたとしても、それでも自分の罪の中で死ぬおそれがあるのである。私たちが人々の前で神を賛美する時だけ、神は私たちの世界の中に入って来られる。その時、このサマリヤ人のように、「あなたの信仰があなたを治したのです」と言ってもらえるようになるのである。

クリストフ・フリードリヒ・ブルームハルト


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ