あなたたちが私の内にとどまり、私の言葉があなたたちの内にとどまっているなら、何でも望むものを求めなさい。そうすれば、それはあなたたちのためにかなえられます。あなたたちが多くの実を結ぶことは、私の父に栄光を帰して、あなたたちが私の弟子であることを示すものなのです。(ヨハネ一五・七~八)


 神が私たちの求めをすべてかなえて下さるわけではないのには、理由がある。しかし、「この願いは必ず実現しなければならない」と思う理由がまったくない願いはたくさんある。パウロはサタンの使いから解放されることを願ったが、「私の恵みはあなたに対して十分である」(二コリント一二・七~九)と主は彼に言われた。私たちは自分を貧しいものと見なさなければならない。

 祈りに関する数々の約束は、浅薄な理由で与えられているのではない。それゆえ、たとえ神が私たちに答えて下さらない時でも、神は依然としてご自分の約束に対して忠実であり、真実である。神が祈りに答えて下さる時、それでも究極的に神が望んでおられるのは、祈る者たちの内に実を見ることである。そのときはじめて、御業のゆえに、神は誉れをお受けになる。そして、賛美――この賛美は神のおかげであり、多くのとき私たちはこれに欠けているのである――が与えられる。望むものを何でも求めることが許されているのだから、私たちの祈りをより高いものに焦点づけるべきである。神の王国とその成就を目指す祈りであるべきである。

 最終的に、主は何らかの方法で、私たちが主に求めたものをすべてかなえて下さるであろう。求める者は誰でも、主にとって大切な者である。なぜなら、神の御許に来る者は、求めない者よりも、神に近い立場にあるからである。誠実な祈りを、神はすべて顧みて下さる。しかし、神の答えは私たちの期待とは異なることがしばしばある。それでも、私たちが驚き崇めるような方法で答えて下さることが、何と多いことか。

 どの場所でも、依然として、多くのものが欠けている。来たるべき偉大な恵みの時を、忍耐強く待とうではないか。その時は必ず来る。その時、神の憐れみが大いに現れて、私たち全員が変えられるほどであろう。それゆえ、祈り続けよ。御使いたちはあなたの要求を御父に送り届けてくれる。そして、神の報いが必ず訪れるのである。

ヨハン・クリストフ・ブルームハルト


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ