神がイスラエルを選ばれたことの正しさの証明

 さて、この意義について少し見ることにしましょう。第一に、主イエスの十字架は歴史全体を集約するものであり、それを超越するものであって、私たちを神の主権という偉大な領域の中にもたらします。ああ、神の主権について黙想すればするほど、私は途方もない高揚、救い、解放を覚えます。恵みによって働く神の主権について黙想する時は、特にそうです!ここでは、主イエスの十字架により、神がイスラエルを選ばれたことの正しさが示されています。イスラエルの物語は歴史ですが、その背景には何かがあります。それはイスラエルの選びです。イスラエルはあらゆる諸国民の中から選ばれ、神へと分離されましたが、これは神が主権的御旨のためになさった主権的働きでした。その御旨とは何だったのでしょう?神はなぜイスラエル人を選び、彼らを一つの民として分離して、ご自分のものにされたのでしょう?一つの目的のためです――その目的とは、イスラエル人により、神がご自分をすべての諸国民に啓示して、イスラエルをすべての諸国民に対する祝福とすることです。これが神の御旨でした。そして、この偉大な選びの御旨を成就するために、イスラエル人は諸国民から切り離され、諸国民といかなる交流ももたない、分離された民にならなければなりませんでした。イスラエル人は聖なる国民となり、道徳的・霊的生活という点で、諸国民から分離され、区別され、完全に孤立しなければなりませんでした。イスラエル人はまったく神のものであり、それはイスラエル人が啓示によって神をすべての諸国民にもたらすためでした。この御旨を成就するには、イスラエル人の分離がいかに必要だったかわかります!これが原則であり、法則です。もし神の啓示や祝福の道具、経路、器となることを望むなら、あなたは献げられ、聖別され、まったく切り離されて、神へと分離されなければなりません。ですから、この区別を損なって、イスラエルを周囲の国民と混交させようと、サタンは常に絶えず努力し労苦してきたのです。イスラエルの歴史は、イスラエルの献身を損なおうとするサタンの努力の歴史でもあります。そして、イスラエルが堕落して、自分たちの選びの召しや目的というビジョンを失い、自分たちに関する神のこの偉大な御旨が視界から消え失せて行った時、彼らは異国民と結婚し、区別の壁は崩れ落ちました。そこで、預言者たちがやって来て、イスラエルの聖なる選びの召しを宣言しました。それは、当初イスラエルがどのように分離されて神のものになったかを思い出させるためであり、神が彼らを選ぶにあたって行われた偉大な御業を再び示すためでした。そして、そうすることによって、自分を再び神に献げて、この霊的姦淫をすべて断つようイスラエル人に訴えたのです。霊的姦淫という思想は、預言者たちの言葉が示すとても顕著な思想であり、預言者たちはこの霊的姦淫を取り除いて再び聖なる者となるよう訴えました。預言書はこのようなことで満ちているのはご存じでしょう!イスラエルの聖なる使命を説き、立ち返るようイスラエルに求めた預言者たちに対して、イスラエルはどうしたでしょう?彼らは預言者たちを迫害して殺したのです。旧約の終わり頃の状況はこの通りであることがわかります。その後、キリストが出現されました。彼はダビデの子孫から生まれ、律法の下に生まれて、ユダヤ人となられました。この地上の事柄に関する限り、彼はユダヤ人であり、イスラエル国民でした。彼は聖なる汚れのない者であり、罪人とは区別されていました。この広大な背景がおわかりでしょう。イスラエルが召され、選ばれたのは、あることを行い、ある存在になるためでしたが、キリストはその使命をすべてご自分でお引き受けになったのです。キリストは神の御旨をすべて体現されました。キリストはこれを神に献げるにあたって、何を行われたのでしょう?キリストはイスラエルの使命をすべて成就して、神と祝福を全世界にもたらされたのです。この御方によって、イスラエルを選んだ神の正しさが証明されました。メシヤである主イエスの十字架により、神の主権の正しさが証明されました。キリストはすべてを成就して、神の正しさが示されました。これがキリストがアブラハムの子孫、ダビデの子孫から生まれた理由です――イスラエルを選んだ神の正しさを証明し、祝福をすべての諸国民にもたらすためです。そして、キリストの十字架により、イスラエルだけでなく地のすべての民が神の祝福を受けます。これこそ、彼らに対して神が常に抱いておられた御思いでした。このようなことはユダヤ人のいけにえでは不可能でした。この十字架は何と偉大なのでしょう、神の主権は何と素晴らしいのでしょう!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ