聖書朗読:歴代誌上二十九・二十一~二十二、列王記上八・六十二~六十三、 歴代誌下四・一、七・一、四、五、九、エペソ一・六~八、三・十七~十九、五・二十七

 歴代誌のこれらの章では、すでに見たように、ソロモンは神からふんだんに溢れるほどの厚遇を受けています。これは神が見ておられたのはソロモンよりも偉大な方だったからです。この御方を神は絵図という方法で人々に説明しようとしておられたのです。ですから、ソロモンの治世に関する別の記録を見ると、十字架の偉大さを示唆する描写も見つかります。神はこれを絵図という同じ方法で示しておられます。十字架を指し示す大いなる祭壇が示されており、それには二つの項目が関係しています――王の高揚と神の家の奉献です――この祭壇の意義の重大さは、いけにえの膨大さによって示唆されています。

 十字架と関係しているこの二つの項目をざっと眺めることにします。十字架の偉大さは第一に王の即位と関係していることがわかります。これについては新約聖書でかなり述べられています――この即位、この高揚は、十字架で成就された途方もない働きのゆえなのです。

「・・・死に至るまで、実に十字架の死に至るまで従順になられました。それゆえ神はまた彼を高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。それは、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるものが、イエスの御名によってすべて膝をかがめるためです」(ピリピ二・八~十)


 次に、神の家が十字架の偉大さに基づいてどのように確立されたのか、また、教会の意義がどのように十字架から発するのかがわかります。これについてはエペソ書からいくらか読みました。エペソ書は他のいかなる手紙、聖書のいかなる他の箇所にもまして教会と関係しています。教会の基礎はまさに主イエスの十字架であることがわかります。

 しばしこの話題を離れて、今回は十字架の偉大さについてだけ話すことにします。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ