立場

 「コリントにある神の教会、すなわち、キリスト・イエスにあってきよめられた者たちへ。(中略)私は、あなたたちのために、イエス・キリストによってあなたたちに与えられた神の恵みのゆえに、いつも神に感謝している。あなたたちはキリストによって、すべてのこと、すなわち、すべての言葉にもすべての知識にも恵まれ、キリストの証しがあなたたちのうちに確かなものとされ、こうして、あなたたちは賜物にいささかも欠けることがなく、私たちの主イエス・キリストの来臨を待ち望んでいる。主もまた、あなたたちを最後まで堅く支えて、私たちの主イエス・キリストの日に、責められるところのない者にして下さるであろう。神は真実な方である。あなたたちは神によって御子イエス・キリストとの交わりに召されたのである」(一コリント一・二~九)。

 「しかし、あなたたちは、主イエスの御名によって、わたしたちの神の霊によって、洗われ、きよめられ、義とされたのである」(一コリント六・十一)。

 「あなたたちの体はキリストの肢体であることを知らないのか?」(一コリント六・十五)。

 「イエスは答えて彼に言われた、『バルヨナ・シモン、あなたはさいわいである。肉や血ではなく、天におられる私の父が、これをあなたに啓示して下さったからである』」(マタイ十六・十七)。

 「御父に感謝するように。御父は、私たちを光の中にある聖徒たちの嗣業にあずかるに足る者として下さり、暗闇の力から救い出して、愛する御子の王国の中に移して下さったのである」(コロサイ一・十二~十三)。

状態

 「なぜなら、私の兄弟たちよ、私はクロエの家の者たちから、あなたたちの間に争いがあることを聞いているからである」(一コリント一・十一)。

 「兄弟たちよ、私はあなたたちには、霊の人に対するようには話すことができず、むしろ、肉の人に話すように話した。(中略)あなたたちはまだ肉の人だからである。あなたたちの間に妬み、争い、分裂があるのは、あなたたちが肉の人であって、ただの人のように歩いているためではないか?」(一コリント三・一~三)。

 「しかし今、ある者たちは高ぶっている」(一コリント四・十八)。

 「それなのに、なおあなたたちは高ぶっている。むしろ、そんな行いをしている者が、あなたたちの中から除かれねばならないことを思って、悲しむべきではないか」(一コリント五・二)。

 「そもそも、互いに訴え合うこと自体が、すでに大間違いなのである」(一コリント六・七)。

 「それなのに、キリストの肢体を取って遊女の肢体としてよいのか?」(一コリント六・十五)。

 「しかし、イエスは振り向いて、ペテロに言われた、『サタンよ、退け。あなたは私の邪魔をする者だ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている』」(マタイ十六・二十三)。

 「しかし今は、これらいっさいのことを捨て、怒り、憤り、悪意、冒涜、口からでる汚れた言葉を、捨ててしまいなさい。互いに嘘を言ってはならない。あなたたちは、古い人をその行いと一緒に脱ぎ捨ててしまいなさい」(コロサイ三・八~九)。

 生徒が次の点を見落とすことはないであろう。すなわち、恵みの下における神の順序は、第一に、可能な限り高い立場を与え、次に、それにふさわしい状態を維持するよう信者に勧めることなのである。乞食は屑の山から引き上げられて、皇子たちの間に置かれ(サムエル上二・八)、次に、皇子らしくあるよう勧めを受けた。例として、以下の節を見よ。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ