反対に信者は、まだ昔の性質が残っていて、変わっておらず、変わることもできないかもしれないが、「神の義とまことの聖さにかたどって造られた」新しい性質を受けているのである。以下の聖書の御言葉は、この新しい人の起源と性格を示すであろう。

 再生は創造であって、単なる造り変えではないことがわかる――再生は新しいものをもたらすことであって、古いものを変えることではない。われわれは天然の出生によって人の性質を受けるように、再生によって神の性質を受ける。

 「まことに、まことに、私はあなたに(道徳的かつ宗教的な人であるニコデモに)言う。人は再び生まれない限り、神の王国を見ることはできない」(ヨハネ三・三)。

 「しかし、彼を受け入れた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。それらの人は、血によらず、肉の意志によらず、また、人の意志によらず、神から生まれたのである」(ヨハネ一・十二~十三)。

 「なぜなら、あなたたちはみな、キリスト・イエスにある信仰によって、神の子だからである」(ガラテヤ三・二十六)。

 今日、「神は万民の父であり、人類はみな兄弟」という、うわべは良くもっともらしく見えるが、まったく非聖書的な句が流行っているが、以上の聖書の御言葉がこの句に対していかなる意味を持つのかがわかる。この句は、その後半の半面の真理のゆえに、なおさら危険である。生まれた者ではなく、再び生まれた者が、みな神の子供なのである。聖書がわれわれに告げているように、アダムはまさに神の子であった。しかし、聖書はまた注意深く、セツはアダムの子であったと告げている。

 「あなたたちは、神の義とまことの聖さにかたどって造られた新しい人を着たのである」(エペソ四・二十四)。

 「ですから、だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者(文字通りには新創造)である。古いものは過ぎ去った。見よ、すべてが新しくなったのである」(二コリント五・十七)。

 この「新しい人」はキリストにつながっている。「私はキリストと共に十字架につけられた。それにもかかわらず私が生きているのは、私が生きているのではなく、キリストが私の内に生きておられるのである。そして、私がいま肉体にあって生きているその命を、私は神の御子の信仰によって生きる。この方は私を愛して、私のためにご自身をささげて下さったのである」(ガラテヤ二・二十)。

 「神は、この奥義がいかに栄光に富んだものであるかを、異邦人たちの間に知らせようとされたのである。この奥義は、あなたたちの内におられるキリスト、栄光の望みである」(コロサイ一・二十七)。

 「なぜなら、あなたたちは死んでおり、あなたたちの命はキリストと共に神の中に隠されているからである。私たちの命であるキリストが現れる時、あなたたちも彼と共に栄光のうちに現れるのである」(コロサイ三・三~四)。

 「これにより、極めて偉大な尊い約束が私たちに与えられた。この約束により、あなたたちが神の性質にあずかる者となるためである」(二ペテロ一・四)。

 「もしキリストがあなたの内におられるなら、体は罪のために死んでいても、霊は義のゆえに命である」(ローマ八・十)。

 「その証しとは、神が永遠の命を私たちに与えて下さったこと、この命は御子の内にあることである。御子を持つ者は命を持ち、神の御子を持たない者は命を持っていない」(一ヨハネ五・十一~十二)。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ