信者の生活規則は何か?

 「『彼の中に住んでいる』と言う者は、彼が歩まれたように、その人自身も歩むべきである」(一ヨハネ二・六)。

 「彼は私たちのために命を捨てて下さった。それによって、私たちは神の愛を知った。私たちもまた、兄弟たちのために命を捨てるべきである」(一ヨハネ三・十六)。

 「親愛なる愛する者たちよ、私はあなたたちに勧める。あなたたちは、よそ者であり巡礼者であるから、魂に戦いを挑む肉の欲を避けなさい」(一ペテロ二・十一:十二~二十三節も見よ。)

 「それゆえ、主の囚人である私は、あなたたちに勧める。あなたたちが召されたその召しにふさわしく歩み、謙虚と柔和の限りを尽くし、忍耐をもって、愛によって互いに忍びあいなさい」(エペソ四・一~二)。

 「それゆえ、あなたたちは、神に愛されている子供として、神にならう者になりなさい。また愛のうちを歩みなさい。キリストもあなたたちを愛して、私たちのためにご自身をささげて下さったのである」(エペソ五・一~二)。

 「あなたたちは、かつては闇であったが、今は主にあって光となっている。光の子として歩みなさい」(エペソ五・八)。

 「そこで、あなたたちの歩み方によく注意して、愚か者のようにではなく、賢い者のように歩み、時を贖いなさい。今は悪い時代だからである」(エペソ五・十五~十六)。

 「私は命じる、御霊によって歩みなさい。そうすれば、肉の欲を満たすことはない」(ガラテヤ五・十六)。

 「私があなたたちにしたとおりに、あなたたちもするように、私は手本を示したのだ」(ヨハネ十三・十五)。

 「もし私の戒めを守るなら、あなたたちは私の愛のうちにとどまる。それは私が父の戒めを守ったので、その愛のうちにとどまっているのと同じである」(ヨハネ十五・十)。

 「私の戒めはこれである。私があなたたちを愛したように、あなたたちも互いに愛し合いなさい」(ヨハネ十五・十二)。

 「私の戒めを抱いてこれを守る者は、私を愛する者である」(ヨハネ十四・二十一)。

 「そして、願い求めるものは、何でも彼からいただけるのである。それは、私たちが彼の戒めを守り、御目にかなうことを行っているからである。その戒めとはこれである。すなわち、御子イエス・キリストの御名を信じ、私たちに命じられたように、互いに愛し合うべきことである」(一ヨハネ三・二十二~二十三)。

 「私が、それらの日の後、彼らと結ぶ契約はこれであると、主は言われる。私は私の律法を彼らの心に与え、彼らの思いのうちに書き付けよう」(ヘブル十・十六)。

 この原則の美しい絵図を、子供を愛する母親の愛のうちに見ることができる。律法は親に自分の子孫を世話するように命じ、それを故意に無視するなら罰を下すことを宣告する。しかし、その土地は幸福な母親たちでいっぱいである。この母親たちは優しく子供を世話していて、そのような法律があるとは露知らない。律法が母親たちの心のうちにあるのである。

 これに関連して、律法の石板のために神が定められた場所は証しの箱の内側だったことを思い出すなら、ためになる。律法の石板と一緒に「マナの入った金の壺と、つぼみをつけたアロンの杖」もそこにあった(これらは型である。一方は、荒野における私たちのパンであるキリストの型であり、他方は復活の型である。両方とも恵みを物語っている)。これらのものは、贖いの血を振りかけられた金の恵みの座によって、見えないように覆われていた。神が破られた律法を御覧になるのは、ただこの血を通してであった。この血が完全に神の義を示して、神の怒りを宥めたのである(ヘブル九・四~五)。

 これらの聖なるものであり、かつ正しいものである、しかし恐るべき律法の石板を、恵みの座と贖いの血の下から引き出して、それをクリスチャン生活の規則として、クリスチャンの諸教会のうちに打ち立てる役割は、現代主義者たちのために用意されていたのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ