FC2ブログ

勝利者誌 一九四二年 二三巻 四月号 掲載

 人々は自分たちの富を誇り、戦士は自分の武器を、貴族は自分の血統や名を、科学者は自分の科学を、女性は自分の美しさを、そして、芸術家は自分の芸術を誇ります。それと同じように、使徒パウロはキリストの十字架を誇りました。「断じてあってはなりません」と聖なる情熱をもって彼は叫びました。「私が私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇るようなことは」。彼は十字架を誇っただけでなく、競合する何ものも許しませんでした。彼は十字架以外に何も誇ろうとしませんでした。それは彼に、絶対的な二心なき献身を要求しました。

 十字架がパウロの心と生活の上に及ぼした力は、いくら強調しても強調しきれません。彼にとって、それは彼の生活の中心であり、彼の存在の基礎であり、彼の神学の精神であり、彼の希望・願望のアルファでありオメガでした。それは彼の信仰の北極星であり、彼が自分の霊感をそこからすべて引き出した基礎でした。十字架につけられたイエス・キリスト以外に何も知るまい、と彼は決意しました。パウロがキリストとその十字架を愛したように、乙女を愛した男は一人もいませんでした。

 バード提督が数年前に、科学調査のために南極点の近くで冬を過ごした時のことです。ある晩、彼は小屋を離れて、新鮮な空気の中を散歩しました。突然、彼は振り返って戦慄しました。自分の小屋の影も形も見えなかったのです。方向感覚を与えてくれるものは、彼の周りに全く何もありませんでした。雪と寒さと南極の荒野が彼を取り巻いていました。彼は悟りました、もし進んで行って、最初の試行で小屋の位置を特定することにしくじれば、自分は迷ってしまうだろうことを。方向感覚がすっかりなくなってしまうでしょう。空しく探索する羽目になって、最終的には凍え死んでしまうでしょう。彼は長い棒を持っていたので、それを氷に突き立てました。「ここが中心です。小屋が見つからなくても、ここに戻って来ることができます」。三回、彼は小屋を探しに出かけました。毎回、彼は小屋を見つけることに失敗して、この中心に戻ってきました。これがなければ、諺にある「干し草の中の針」のように失われていたでしょう。四回目の試行で彼は自分の小屋に出くわして救われたのです。

 クリスチャンとして、私たちは常に、私たちの中心である十字架に戻らなければなりません。そうしそこなうなら、バード提督を取り巻いていたよりも暗い夜の中に、私たちは飲み尽くされるでしょう。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ


コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ