FC2ブログ

勝利者誌 一九一一年 三巻 七月号 掲載

 神がご自身の僕であるヨハネにお与えになった黙示録は奥義に満ちており、極めて深く、極めて貴い霊的教えで満ちています。この書に記されている命令や教えを読み、聞き、守る、すべての人の上に、主は特別な祝福を宣言しておられます。

 昨今、私たちはみな、敵による抑圧をひしひしと感じていますが、このような時にあって、まず、敵の性格、悪意、働きについて知ることが極めて重要です。そしてこの情報を、サタンの征服者でありカルバリの勝利者である主イエス・キリストは、私たちに直接与えてくださっています。彼の僕であるヨハネと私たちに与えてくださっています。彼が「地はわざわいだ……悪魔が大いに怒って、おまえたちの所に下って来たからである」と仰せられるのももっともです。先ほどあなたたちにテモテへの手紙から御言葉を読みましたが、「悪人ども」はますます悪くなっていく、ということは悪魔にも当てはまります。というのは、自分の時が短くなるにつれて、悪魔の怒りは募っていくからです。彼は贖われませんし、贖われることは不可能です。彼は自分の時が短いことを知っています。そして、自分の時が減りつつあるがゆえに、彼の怒りと残忍さと悪意はますます大きくなっていきます。

 私はあなたたちにこう告げないわけにはいきません。私のこれまでのクリスチャン経験の中で、これほど多くの人々が悪魔の抑圧にさらされているのを、今日ほど見たことはありません。あなたたちに人々の一覧表を与えることもできます。彼らは選り抜きの人々であり、その名をあなたたち全員がよく知っています。彼らは主の戦いの真っただ中にいます。主の軍勢の将です。彼らは抑圧されています。自分自身のためではなく、彼らの子供たちのために、あるいは環境によってです。

 つい先日、私はイエスににある私の真の友の一人と話しました。彼は恐ろしい抑圧の時を過ごしており、自分が陥っている状況について恨みがましく自分の魂をぶちまけそうになりました。そこで私は、悪魔は決して表に出てこないことを彼に思い出させることによって、彼に状況の背後にあるものを見てもらいました。悪魔が表に出て来る箇所は、聖書の中に一箇所も見つかりません。彼は常に誰か――最初に蛇だったように、被造物の場合もあります――の背後に隠れています

 悪魔の「手先」――家族の中だろうと、状況の中だろうと――の背後にあるものを見抜いて、悪意ある、残酷で、狡猾な敵を見ることができれば、私たちは大いに有利になります。敵の働きについて黙示録一二章は私たちに告げていますが、敵は、イエス・キリストの教会は決して打ち倒されえないことを知って、「この女に対して怒り、彼女の子孫の残りの者たち、すなわち、神の戒めを守り、イエスの証しを持っている者たちと戦うために出て行った」。

 あなたが神の戒めを守るなら、サタンはあなたを残忍な悪意ある憎しみをもって憎みます。なぜならサタンは、人類が始まった時にそう欲したように、あなたが神の戒めを破ることを欲しているからです。神の戒めを破るなら、あなたは彼を喜ばせます。なぜなら、あなたは彼の手の中に陥ることになるからです。しかし、あなたが神の戒めを守るたびに、彼の憎しみは強まっていきます。これが今日の彼の働きです――すなわち、イエスの証しを持っているものを攻撃することです。イエスの証しなあなたにとって心地よいでしょうか?


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ