FC2ブログ

キリストとの個人的な結合による救い

 キリストの人格は、私たちの救いと密接な関係にあります。私たちは、信条を奉じ教理を信じて救われるのではなく、一人の御方を受け入れることによって救われます。「御子を持つ者はいのちを持ち、神の御子を持たない者はいのちを持ちません」、「今や、キリスト・イエスにある者は罪に定められることがありません」。私たちと主イエスご自身との関係が、私たちの運命を決定します。イエス・キリストこそ、罪深い人々に対する御父の賜物です。その賜物を受け入れるなら、私たちは神との交わりの中に入れられ、贖いのすべての恩恵にあずかります。ちょうどアダムが堕落した人類の生ける個人的なかしらだったように、キリストは贖われた人類の生けるかしらです。「なぜなら、アダムにあってすべての人が死ぬように、キリストにあってすべての人が生かされるからです」。

私たちのいのちであるキリスト

 私たちのいっそう深い生活も、キリストご自身との結合によります。使徒はこれを崇高な逆説で表現しました、「私はキリストと共に十字架につけられました。それにもかかわらず私が生きているのは、私ではなく、キリストが私の内に生きておられるのです。そして、私がいま肉体にあって生きているそのいのちを、私を愛し、私のためにご自身をささげて下さった神の御子の信仰によって生きます」。聖潔は徐々に達する個人的品性ではなく、主イエスとの結合です。その結合はとても完全で親密なものなので、主はそれをぶどうの木とその枝々のたとえで描写して、「人が私の中に住み、私もその人の中に住んでいるなら、その人は多くの実を結びます。私なしでは、あなたたちは何もすることができないからです」と付け加えられました。私たちは、聖潔の高嶺にのろのろと骨折ってよじ登る必要はありません。聖なる方ご自身を受け入れればいいのです。彼は私たちの中に住んで、彼ご自身が到達した恵みと栄光の高嶺に私たちを引き上げて下さいます。「キリストは私たちに対して神の知恵となり、また、義と聖と贖いとになられました」。私たちがなすべきことは、道徳的教養を求めてもがくことではなく、彼を受け入れ、彼の中に住み、彼ご自身の卓越性、彼ご自身の性質、彼ご自身の恵みを毎日一歩ずつ私たちに移していただくことです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ