FC2ブログ

 さて、ヤビンは北から来て、その名は「理解力」を意味しました。彼はイスラエルを束縛の中にもたらしました。あなたたちが自分の頭脳を霊の事柄の中に投影して、霊の事柄を天然的理解力によって把握しようとするやいなや、あなたたちは敗北し、束縛の中に陥り、弱められ、麻痺します。あなたたちはいつも霊の事柄を知的に把握しようとしています。あなたちの頭脳をその中に投入しようとしています。しかし、あなたたちに欠けているのは、聖霊があなたの心の中に一筋の光を突然もたらして下さって、「それについてすべて分かりました」と言えるようになることです。あなたたちは常に自分の頭脳に捕われてきました。あなたたちの天然的な知性を屠りなさい――天然的な知性を十字架に付けなさい。「さて天然の人は神の霊の事柄を受け入れません。それらは彼には愚かなものだからです。また、それらを知ることもできません。なぜなら、それらは霊的に理解されるものだからです」。「しかし、霊の人はすべてのことを理解しますが、自分自身はだれからも判断されることはありません」。主イエスが謎だったのと同じように、霊の人も謎です。「この人は学んだことがないのに、どこでこの知識を得たのでしょう?」。ナザレ出身の人である彼は、宮に上って行って、エルサレムの宮で教え始められました。そこには秘密の知識がありました。その知識は奥義であり、決して学校や知的思考で得られるものではありません。それは神との交わりという方法で臨みます。そして、御霊によるこの啓示は力強いものです。最も単純なクリスチャンでもそれを得ることができます。それは年の問題ではありません。とても若くても、とても幸いな方法で主を知ることができるのです。

 ある人が救われて、二、三週間後には、救われて四十年の人よりも遥かに先に進んでいるのを目にすることもありえます。それは主との、そして神の事柄の現実との、あの生き生きとした交わりによります。あなたの成長を大いに遅らせ続けるものは知的理解です。「この時代の神が知性を盲目にして、光が……」。それは霊的理解力の問題であり、それに対して地獄の全軍勢が抵抗している問題です。なぜなら、それは敵の数々の働きを滅ぼす強力な要素だからです。ヤビンは滅ぼさなければなりません。そして、バラクの助けによりデボラがこれを行います。天然的知性はあなたを束縛の中にもたらして、あなたから霊の力を奪うおそれがあります。天然的知性は十字架に行かなければなりません。そして、私たちは霊の事柄のための霊的能力を得なければなりません。もしあなたがこれを頭で理解しようとするなら、頭が痛くなるでしょう。「これを私の霊の中に示して下さい」と主に求めるなら、それによってあなたは解放されて、主イエスの主権が見える所にもたらされるでしょう。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ