FC2ブログ

 いわゆるキリスト教は本質的には霊的なものであり、地的な体制や組織ではありません。その各部の中には霊的な方法で、命と啓示の方法によって入らなければなりません。模倣と命は全く異なります。ああ、ある事柄を客観的な方法で見ることと、命の中でそれにあずかることとは、何と異なっていることか!まさにそこに、事物の素晴らしさ、栄光、活力、エネルギー、力が見つかります。あなたはおそらく何年も、神の御言葉の中にある諸々の事柄について、御言葉通りに語ってきたことでしょう。あなたはそれらを信じ、真理として公言してきました。しかし、何年もそうしてきた末に、突然あなたはそれらが意味するところを理解し、その事柄全体が別の方法で臨みました。それ以前のあなたの話、宣べ伝え、信仰は、教理に関しては全く真実であり、全く正しくて正確でした。しかし、それはあなたにいかなる影響を及ぼしたでしょう?今やそれはこのように様変わりし、真の喜びと楽しみ、命と興奮をもたらします。これが、命によって、啓示によって、事物にあずかることです。言い換えると、それは御霊によって、見ることによって、事物にあずかることです。

 その時、エルサレムの他の多くの人々も入ってきて、この赤ん坊を見、おそらく、同じ振る舞いをすることもできたでしょう。この赤ん坊を抱き上げて、祈りの言葉を唱え、祝福を求め、再び赤ん坊を下して、出て行くこともできたでしょう。そして、それっきりだったでしょう。しかし、この人は御霊によって入ってきて、ある発見をしました。この人の中には、ある霊的器官がありました。そして、彼は普通の人には見えないものに気づきました。「異邦人を照らす光、御民イスラエルの栄光」。シメオンは命によって、啓示によって中に入りました。言い換えると、彼は御霊によって、あるいは御霊の中で入って来たのです。御自分の民がこのような種類の民になることを、主は必要としておられます。

 これは神の御旨・計画全体、この計画の詳細全体にもあてはまります。ここで私たちに対して述べられているすべてのことについて、私たちは頭を悩ませるべきではありません。私たちはこれらの事柄の包括的・基本的秘訣を得なければなりません。そうすれば、それはこのような方法で成就することを私たちは見い出すでしょう。もしこのような意味で私たちが霊的になるなら、もし聖霊が私たちの生活の中で現実に指揮しておられ、私たちが御霊によって歩いているなら、私たちは必然的に神のすべての御思いの中に入ることになります。御自分の完全な御思いの中に入る一つの民を主は欲しておられます。それが可能なのは、彼らが外側の体制によって支配されるのをやめて、聖霊の中で神と共に歩むことがどういうことなのかを学ぶ時だけです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ