聖書朗読:レビ八章、ヘブ一・一~二、五、八、二・一、三・一、四・一四、五章、六章

 レビ記八章に戻ると、祭司団、聖所に属した一団が示されています。これはこの章の節によって示されています。その節によると、この祭司団は聖所から離れてはならず、彼らの聖別の期間である七日間のあいだその扉から外に出てはなりませんでした。「七」は霊的完全を象徴します。ここには期間全体を支配するものとしての霊的完全、あるいは期間全体によって示されている霊的完全があります。それは私たちに次のことを告げます。すなわち、この分離、この献身、聖所へのこの拘束は、ある完全な期間にわたらなければならないこと、そしてこうしてある完全な期間のあいだ彼らは聖所に属したこと、そして言わば、聖所の一部だったことです。その期間が何だったのかは、さしあたって述べる必要はありません。

 もう一つ述べられているのは、彼らの務めは主に対するものであるということです。この世に対する、また人々に対する務めの面もありますが、この祭司団のこの務めの特別かつ主要な面は主に対するものです。

 私たちの前にあるこの章の中にさらによく入り込む前に、神の御言葉の中に極めて明確に示されている一、二の一般的事柄について述べることにしましょう。

祭司の一団

 一つ目はこれです。すなわち、御自身の民全体に対する主の御思いは、彼らが祭司の一団になることである、ということです。神はある水準をある人々に定め、それより高い水準を別の人々に定められた、ということを示唆するものを神の御言葉の中に探しても無駄です。御自分の民全体に対する神の御思い、神の召し、神の備えは、完全であり、完整です。御自分の完全な御思いに来ようとしない人々に関して、神は何の備えも用意されませんでしたし、何の指示もお与えになりませんでした。見たところ、様々な水準があることがわかりますし、様々な相違を考慮しなければなりませんが、主はそのように定められませんでした。「その高い水準は私のためのものではありません。それより劣ったものが私のためのものです。私はそのように高いものに召されていません。私は単純な人々の一人であり、劣ったもので満足しなければならないのです!」と言う人はみな、神の御心を全く誤解しています。神は常に御自分の民のことを、進んで行って完全な御思いに達すべきものと見なしておられます。これはつまり、神の御言葉が示す申し分のない霊的状態以外の状態にある民をあなたが見つけたとしても、神は決してその水準に降りて来てそれに順応されることはない、ということです。まさにこれらの民はさらに完全なものに至るよう定められているかのように、神は常に語られます。これを理解することが重要です。私たちは自分の思いの中で次のことにきっぱりと決着をつけなければなりません。すなわち、たとえ主の民の間に諸々の相違があったとしても、また、たとえ光・知識・理解・真理に関して様々な幅があり、それらを少ししか持たない人もいれば、他の人々よりもずっと多く持っている人もいたとしても、主は決してそれをそのように定められたわけではないのです。そのようにすることは決して主の意図ではありません。それは主の望みを示すものではありません。御自分の民に対する主の御思いは御自身の豊かさです。この祭司団はとても堅固な団体であり、特別に名誉ある特権的地位にまさに着いているように見える一方で、神は御自分の子供たちのために特別な人数や階級を定められたということを示すものではありません。これは神の御言葉から証明することができます。

 主の民に関する大いなるすべてを含む言明は、彼らは神のための祭司の王国となるために選ばれたということです。これはつまり、主の民の僅かな人々ではなく全員が神のための祭司の王国となるよう召されているということです。神は最初からイスラエルを祭司の王国と見なしておられました。民全体が祭司の地位にあると見なしておられました。これは次にレビの部族が引き継ぎました。レビの部族は全イスラエルの初子を代表するものであり、主の御前にもたらされて、聖所での務めのために分離されました。主の御思いでは、これは全イスラエルをその地位にもたらすことを表していました。しかし同時に、そこには相違があったことを理解しそこなうことはありえません。そこにはレビ人たちがおり、祭司たちがいました。レビ人たちがおり、アロンの息子たちがいました。彼らは同じではなく、異なっていました。しかしこの相違は、相違が生じることを主が意図されたからではありません。

 私たちはこれをすぐに単純化してしまいますが、まず第一に、次のことをはっきりさせなければなりません。すなわち、神が持っておられる最高の最も完全なものは彼のすべての民のためであり、一部の人のためではないのです。あるものは自分には過ぎたものである、自分がそれに到達することは決して主の意図ではない、と感じる時は常に、これを思い出して下さい。彼の豊かさは一部の人のためだけであるという考えを、あなたの思いの中から完全に追い出さなければなりません。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ