FC2ブログ

聖霊の降臨と御業

 二番目の点は、聖霊はその結果来臨されたということです。それが確立されない限り、聖霊は決してこの経綸に来臨してその真の御業を行うことはできませんでした。そして、主イエスの高揚と栄化の結果、聖霊は来臨されました。ですから聖霊の御旨は、最初から、天におられる主イエスと深く関係していました。聖霊が来臨されたのはその結果であり、この人にあって団体的に二重のことを行うためでした。

 第一に、彼の御業はこの人、キリスト・イエスの完成された人性を、新創造に必要不可欠かつ最低限必要なものとして、植え付けることです。敵が利用できるものは何でも、あらゆる手段、あらゆる口実が、これに反対します。敵の手段は往々にして宗教的な手段です。この本質的問題を蝕むことによりよく成功するものの一つは宗教であることに気づきます。宗教は神の本質的御旨に対する最大の敵となるおそれがありますし、実際そうであることが証明されてきました。私たちは絶えず何に出会っているでしょう?(私がある特定の領域について話したとしてもお許しください。その領域はたまたま私たちの調査の対象となり、私たちの視野に入ったものであり、それを特に攻撃するつもりはありません。それを取り上げるのは例証としてです。)私たちが絶えず出会う人々は、「あなたたちは本当に再生されていますか?」と尋ねられると、「そんなことは必要ありません。私たちは堅信礼を受けており、教会やその類のものに加わっています」と答える人々です。彼らは幼児の時にバプテスマされました。再生や新生の経験は無視されています。それについて述べるのがどれほど不快でも、これは事実です。このような方法や他の多くの方法で、敵がこの問題を逸らすのに大成功を収める手段は宗教です。往々にして、いわゆる教会がこの本質的なものの地位に置かれます。そして敵は、その邪悪で悪魔的・超自然的な力の圏内にあるあらゆる手段を動員して、キリストを信者に紹介する時、物事を転覆させようとします。一度キリストが内側におられるようになるとき、あなたはまさに神と出会います。悪魔は神が味方されるもの全てに対応しなければなりません。キリストを内側に持つのは途方もないことです。それはまさに栄光の望みです。しかし、それに代わるどのような代替物があるのか御覧なさい!無数にあるのです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ