神の最も完全な御旨に真に達する人の心は常に、彼らが地上で知っている最善のものを遥かに超えて進みます。そこに議論や討論はありません。その姿勢は常に次のようなものです、「主よ、もしあなたが私によってさらに優ったものを得られるなら、私には用意が整っていますし、喜んでそうします。私の望みはただ、あなたが私によって得られるものをあなたがすべて得ることです」。これが勝利者です。それは心の問題です。私たちは自分の偏見や先入観を放棄する覚悟をしなければなりません。自分の頑なさを放棄しなければなりません!私たちに対する問題は常に次のようなものであり、これが支配的原則です、「主よ、これはあなたの最も完全な道でしょうか?もしそうなら、私がどれほど強くそれとは違うことを考えてきたとしても、私は自分の考えを放棄しなければなりません。私がそれとは違うものをどれほど望んできたとしても、私は自分の望みを放棄しなければなりません。私の好みがその道を邪魔してはなりません。主よ、あなたは何を求めておられ、何を望んでおられるのでしょう?」。これが主のために土地を清めます。エペソ書は聖書の中で最も高い啓示です。エペソ書によって私たちが導かれる至高の事柄は、すでに見たように、これです。「……あなたたちの心の目が照らされて(中略)聖徒たちの中にある彼の嗣業の栄光の富を(中略)あなたたちが知りますように」。

 さて、これが最終的に勝利者の地位をもたらします。黙示録一二章のこの男の子は神とその御座に引き上げられます。「勝利を得る者を、私と共に私の王座に座らせよう」。ヨシュア記にはイスラエルの嗣業について記されていますが、王については記されていません。列王記、歴代誌、サムエル記に来ると、王と王座について記されていますが、焦点はもはやイスラエルの嗣業ではなく、神の嗣業です。ダビデがそれを体現しています。彼は王であり、この事の化身・人格化です。「私は私の家に入らず、私の寝台に上らず、私の目に眠りを、私のまぶたにまどろみを与えません。私がエホバのために場所を見い出すまでは」。これが王職であり、王座であり、王座の原則です。私たちは主の民であり、主のために多くのことを行い、主の権益を推進することを望んでいるかもしれません。そしてそうすることにより、主御自身よりも事物に専念しているかもしれません。ああ、主の民にビジョンが臨んで、そのような事物から――たとえ霊的な事柄であったとしても――綺麗さっぱり引き上げられますように。そして、主が求めておられるもの――聖徒たちの中にある彼の嗣業の栄光の富――へともたらされますように。主が完全な栄光と満足を得て、「今や神が教会により栄光を受ける」という結末になりますように。「教会により、またキリスト・イエスにより、神に栄光がありますように」。あるいは言い換えると、「平和の神が御目にかなうことをあなたたちの内に行い、あなたたちをあらゆる善いわざに間に合うものとならせ、御旨を行わせてくださいますように」。主がこのような御方であることがわかります。私たちの心はそこにあるでしょうか?これが勝利者に関する全ての問題の核心です。死に至るまで自分の命を愛さないことは、何ものにもまして、数百・数千以上の事柄にもまして意味があります。それが意味するのは文字通り殉教することだけである、と解釈しないようにしましょう。ああ、私たちは多くの種類の殉教を忍ばなければならないかもしれません。彼のそしりを負いつつ宿営の外に出て、彼のもとに行かなければならないかもしれません。虚偽や誤解を忍ばなければならないかもしれません。主が最も完全な御旨を成し遂げることができるようになるために、私たちは排斥やあらゆる種類の事柄を耐えなければならないかもしれません。これらのこともみな、等しく、勝利者の道です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ