もしイエスの証しを確立したいなら、すべてがこの証しと一致しなければなりません。レビ人の聖別には三つの供え物があったことを、あなたは思い出すでしょう。罪のための供え物は、この旧創造は神の御前から断ち切られたことを告げます。次に、全焼の供え物は、油が混ざった穀物の供え物と共に、ここに別の性質、主イエスの完成された罪のない人性があること、また、神に受け入れられている彼の奉仕と犠牲とがあることを告げます。これがレビ人の受容・聖別・奉仕の根拠です。この原則が登場します。主イエスの何たるかが奉仕の根拠であって、主の働きをなす方法に関する私たちの助言や会議ではありませんし、主の権益のための私たちの計画でもありません。それはすべてを行い、すべてを支配するキリストです。これは命です。イエスの証しは命の証しであり、すべてがそれと一致しなければなりません。これは、私たちの天然はすべて、あのいけにえ、あの供え物、あの十字架によって取り除かれ、屠られ、焼き尽くされていなければならないこと、そして、そこにはただキリストだけがおられるようになっていなければならないことを意味します。

 アジアの七つの教会を取り扱うとき、主が常に光で照らされたのは、まさにこの点でした。「愛するエペソよ、あなたが私のために何を行っているのかが問題なのではありません。私はあなたの忍耐、あなたの労苦を知っています。私は知っています。あなたは熱心であり、献身的であり、忍耐して労苦していますが、問題はあなたが私のために何を行っているかではありません。私自身が、私の復活の命の力により、あなたたちの間で卓越しているかどうかが問題なのです。私がサタンを打ち破り、その死の力を滅ぼしたというこの証しの効力を、サタンの領域が感じているかどうかが問題なのです」。これが重要な問題です。これはすべて血の中にあります。それは命の根拠です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ