「彼らは小羊の血のゆえに、彼らの証しの言葉のゆえに彼に打ち勝った。彼らは死に至るまで自分の命を愛さなかった」(黙一二・一一)。

「……私ヨハネは、神の御言葉とイエスの証しについて証しした」(黙一・二)。

「小羊が第五の封印を開いた時、神の御言葉のゆえに、また自分たちが持っていた証しのゆえに、殺された人たちの魂を、私は祭壇の下に見た」(黙六・九)。

「龍は女に対して怒り、彼女の子孫の残りの者たち、すなわち、神の戒めを守り、イエスの証しを持っている者たちと戦うために出て行った」(黙一二・一七)。

「私は彼を礼拝するために、彼の足下にひれ伏した。すると彼は私に言った。『そのようなことをしてはいけません。私はあなたの僕仲間であり、イエスの証しを持っているあなたの兄弟たちの僕仲間です。神を礼拝しなさい。なぜなら、イエスの証しは預言の霊だからです』」(黙一九・一〇)。


 前の黙想では、勝利者に関して注意すべき三つの面について見ました。一つは状態・状況、もう一つは地位、そして三番目は証しです。この状態・状況はイエス・キリストを信じる信仰による義の状態・状況であり、この義は血によって示されます。血は主イエスの不朽の命と性質であり、信仰を通して私たちのものになります。これは、この悪しき者のあらゆる現われや働きに打ち勝つために必要不可欠な状態です。地位は状態、すなわち、天的命の結果であり、それから証しが生じます。この黙想では、この三番目の面について見ることにします。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ