「しかし私には、あなたに対して責めるべきことがいくつかある。それは、あなたのうちにバラムの教えを保持している者が何人かいるからである。バラムはバラクに教えて、イスラエルの子らの前につまずきの石を置き、偶像にいけにえとした物を食べさせ、淫行を犯させた」(黙二・一四)。これは堕落させるためです。この物語をあなたは覚えているでしょう。バラムは、直接呪うことでは罪定めの状態を生じさせられなかったので、裏口に回り込んで、堕落させることを教えました。表口から入って成功をおさめられないと、サタンは裏側に回り込みます。その狙いは堕落させることであり、それにより、神が傍らに立って御覧になることができないようにします。それはイスラエルが神の皇子としての地位を奪われて、統治する君主国ではなくなるようにするためです。

 「またあなたの中には、ニコライの者たちの教えを、同じように保持している者たちがいる」(黙二・一五)。六節で言及したものが、ここにも見つかります。この有害な教理・原則が今やペルガモにある教会の中にあります。サタンは神が憎んでおられるものをそこに潜り込ませて、そうして堕落させました。

 「しかし私には、あなたに対して責めるべきことがある。あなたはイゼベルという女をなすがままにしている。彼女は女預言者と自称し、私の僕たちを教え惑わして、淫行を犯させ、また偶像にいけにえとした物を食べさせている」(黙二・二〇)。私たちはこれらの名前を、もちろん、文字通りの人々としてではなく、象徴的な名前として受け取らなければなりません。そこには、原則として、昔のイゼベルの性質や働きにちなんだもの、神の民とのつながり、性質的に神に逆らっているものがあります。それがここにあります。サタンは堕落したものを潜り込ませました。「しかしサルデスには、自分の衣を汚さなかった者が数名いる……」(黙三・四)。ここに何があるのかわかります。またもや、汚れと堕落です。敵は教会の地位を狙ってこれを潜り込ませようとします。それは教会の証しが損なわれるようにするためです。これを指摘する最善の方法は、勝利者の次の面、すなわち、勝利者の地位に進むことだと思います。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ