聖書朗読:黙示録二章

教会の命に対する攻撃

 私たちは「勝利者」に関心があります。私たちの前の黙想では、勝利者の三つの面の一つを主に取り上げました。すなわち、勝利するための基礎である状態、イエス・キリストを信じる信仰による義の状態です。この状態は、黙示録一二章の大きな赤い龍であるサタンの王国と権力をことごとく打ち倒すために大いに重要であり、大いなる意義があります。そうである以上、サタンの狙いは常に堕落させることです。血によって、あるいは血のゆえに、サタンに打ち勝つことについて、私たちは述べてきました。この血は主イエスの不朽の命を意味します。この不朽の命は信仰により私たちのものとなります。ですから敵は、この不朽の命――血はこれについて告げます――との私たちの信仰による関係を損なおうとします。そしてそうするために、堕落した状態を生じさせて、それによって私たちを打ち、神の御前で私たちを訴えるための根拠、法理的で正当な根拠を得ようとします。

 さて、私たちは一つのことを理解しなければなりません。それを理解するのはとても難しく、説明するのはさらに困難なのですが、何らかの方法でサタンは御民に関して神に近づけることを、神の御言葉は完全に明らかにしています。これが黙示録一二章の「彼らを私たちの神の御前で昼も夜も訴える者」というこの御言葉の意味です――これが勝利者と密接な関係にあることに注意して下さい。御存じのように、旧約聖書はこれについて触れています。例えば、ヨブの場合や大祭司ヨシュアの場合です。この箇所では、サタンがヨシュアの右に、彼の敵、彼を訴える者として立っているのを、私たちは見ます。他にも同じような描写があります。それは、黙示録のまさにこの最後の箇所です。そこで状況は最高潮に達します。サタンは兄弟たちを訴える者――昼も夜も彼らを訴える者――と呼ばれています。何らかの方法で彼は神に近づきます。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ