今や、イエスの血には神御自身の義の価値があります。そして、サタンはこの血に反対します。なぜなら、この血は義だからです。この貴い血を取得すること、信仰によってこの神の義を取得することは、サタンの力をすべて滅ぼします。「彼らはその血のゆえに彼に打ち勝った」。もしこの言葉を変えたければ、変えても構いません。この変更はただ一つの面に関してです。この血はすべてを含んでいますが、当面の目的のためにこの言葉を変更して、「彼らは信仰から発する義のゆえに打ち勝った」と述べても構いません。これが彼らの証しの言葉であり、良心自体を覆って良心を守る胸当てです。訴える者に対して、私たちの良心をどのように守ればいいのでしょう?訴える者の唯一の目的は、どうにかして私たち自身の良心を再び罪定めの下にもたらして、私たちの心に罪定めを受け入れさせることです。私たちはこれにどう対応すればいいのでしょう?これに対して自分をどう守ればいいのでしょう?義の胸当て、彼の義、彼の不朽の性質によってです。それは私たちのためであり、神の御前においてであり、信仰によります。

 このような言葉の必要性を私は大いに確信していることが、あなたにはわかるでしょう。これは初歩的な福音である、とあなたは思うかもしれません。そうなのですが、これはそれ以上のものです。サタンは私たちを消耗させようとすること、この方面で私たちを消耗させようとすることが、先に進むにつれて分かるようになります。私たち自身の無価値さ、私たち自身の邪悪さ、私たち自身の罪深さ、私たち自身の恐ろしさ、私たちが願っていないし又そうあってはならない私たちのありさま、私たちが願っており又そうあるべきなのにそうではない私たちのありさまを、サタンは私たちに対して糾弾します。この根拠に基づいて働くことをサタンは決してやめようとしません。「サタンと戦うこと、敵を対処すること、彼に対する勝利についての言葉を用いよう」という考えは言うまでもなく、もしそのような考えを一つでも抱いたことがあるなら、この戦いはこの方面のものであることを思い出して下さい。これは客観的な戦いではありません。そのような客観的な方法で、出て行って敵にあたることはできません。この戦いをあなたは自分自身の心の内に感じます。カルバリの勝利やそのような類のあらゆることに関して、非常に大胆な言葉を使える人々でも、「義による勝利」というこの問題では、常にサタンのおもちゃ、歩兵にすぎないかもしれません。この問題では、彼らは完全に打ち負かされるかもしれません。さて、ここで血の証しが登場します。あなたも私もイエスの血を尊びます。その尊さは、それがサタンの権威と力を終わらせることにあります。この血を通して、私たちは王座に達します。一瞬たりとも、これを物質的・客観的なものにしないで下さい。基本的にこれは霊的であり、霊的優位性、霊的・道徳的統治であることを認めて下さい。しかし、もし私たちがいま経験的にこの中に入らないなら、いつか諸時代の終結時になっても、私たちにはあまり望みはありません。私たちは今これを知る必要があります。これは彼と共に統治するための基礎です。「豊かな恵みと義の賜物とを受ける人々は、命の中で統治します……」。これは霊的・道徳的意味で、敵に対していま王座に着くことです。ああ、主がこの言葉を私たちの心に銘記して下さいますように!

 兄弟たちよ、もし私たちの心が私たちを罪に定めないなら、私たちの立場は何と強くなり、敵の立場は何と弱くなることでしょう!これはどのように実現されるのでしょうか?「永遠の霊を通して傷のない御自身を神にささげられたキリストの血は、あなたたちの良心を清めます……」。「もし私たちの心が私たちを罪に定めないなら……」。ですから、ローマ八章がローマ六章に続きます。ローマ六章の十字架は、不義の根拠をすべて清め、除き去り、「もはや罪定めはない」ようにします。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ