イエスに逃げ込め

 汚された時、われわれはイエスに逃げ込み、身を低くして汚れた足を貫かれた主の御手の中に置かなければならない。しかし、これがなされた時、信仰は「今や私は清められている」と告げる。

 自分の諸々の罪を告白したクリスチャンは、神の不興を買っているという意識や、汚れているという意識を抱えたままうろついてはならない。

 信仰は告げる、「私は神が私に要求しておられることを為しました。今、神は確かに信実であられ、それに関する御自分の分を果たして下さった、と私は信じます。神は私を赦して下さいました。その祝された御顔には何の険しさもありません。神は私を清めて下さいました。私は清いです。そして、神は再び私の存在の隠れた部屋の中に快く住んで下さると全く確信しつつ、私は神の奉仕の中を進んで行くつもりです」。

 われわれは、救いのときと同じように、それに関する神の役割を信仰によって受け入れなければならない。

 聖別のとき、われわれはそのために自分を明け渡し、次に、「神が御自分の役割を果たして下さることをあえて疑うつもりはないのだから、自分たちは聖別されている」と信じる。それと同じように、この聖別が汚される時、われわれはその詳細をことごとく神に告白し、喜んで立ち去る。なぜなら、神は再び御自分の役割を果たして下さった――われわれを赦して清めて下さった――とわれわれは信じるからである。

 結局のところ、これはすべて信仰による。われわれは信仰によって開始し、信仰によって進み続ける。われわれに要求されているのは単純かつ合理的なことであり、われわれはそれを為す。そして次に、神は為すと約束されたことを為して下さったとわれわれは信じる。

 結局のところ、これは何と単純なことか!私はこれをとても難しいものにしてしまったかもしれない。とはいえ、これを極めて単純なものにするよう私は心掛けてきた。

神に明け渡せ

 まず第一に、聖別のために神に明け渡すことである。それに続いて、信仰の明確な行動である。この信仰は告げる、「神はそれを為して下さいました。私は聖別されています」と。その後、汚れが侵入してきたら、告白せよ。そして次に、再び信仰の行動である。この信仰は告げる、「神は私を清めて下さいました。再び私は隈なく清くなりました」と。それから、神の輝かしい御力の現れを期待しつつ、われわれは神の奉仕の中を進んで行く。その時、彼の平安は「私たちの心と思いをキリスト・イエスを通して保(守)」ってくれるのである。


「キリスト・イエスにある新しい生活」 完


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ