「その時、彼は私に言われた、『人の子よ、さあ、北に向かって目を上げよ』。そこで私が北に向かって目を上げると、見よ、北側の祭壇の門の入り口に、この妬みの像があった」。

妬みの像

 「彼はさらに私に言われた、『人の子よ、あなたは彼らが行っていること、すなわち、イスラエルの家がここで犯している大いなる忌むべきことを見るか?これは私を聖所から遠ざけるものである』」。

 神は、言わば、内なる部屋から、その王座の場所から退かれたが、いけにえを物語る祭壇のそばにまだ立っておられた。高度な祝福は退いたが、神とまみえる地点としてまだ青銅の祭壇があった。神はほむべきかな、神の民が聖さをまったく気にかけていない時でも、義認は残っているのである。

 「しかし、さらにもう一度向きを変えよ。そうするなら、さらに大きな忌むべきことをあなたは見るだろう。そして、彼は私を庭の入口に連れて行った。私が見ると、見よ、壁に一つの穴があった。彼は私に言われた、『人の子よ、さあ、壁を掘れ』。そこで私が壁を掘ると、見よ、一つの入口があった。彼は私に言われた、『中に入って、彼らがここで行っている邪悪な忌むべきことを見よ』。そこで私は中に入って見た。すると見よ、這うものと忌むべき獣のあらゆる形や、イスラエルの家のすべての偶像が、周囲の壁に描かれていた」。

 そこには復讐を招く汚れがあった。それらは通常の方法で幕を通って中に入ろうとしていたのではない。それらは至聖所の中に侵入していたのである。実際に、神の内なる住まいの中に入り込んでいたのである。この内なる住まいは、神が、この宮の聖別の時、その栄光の輝く雲によって所有されたものだった。しかし、それらはその黄金の壁に欲望と偶像崇拝のあらゆる忌むべきものを描いていたのである!

 「また、イスラエルの家の長老の七十人がその前に立っており、彼らの間にシャパンの子ヤザニヤも立っていた。それぞれ香炉を手にし、その香の煙が厚い雲のように立ち上った」。

 彼らは言わば、至聖所から神を排除して、そこに彼らの偶像を描いた。それらの偶像は、世人が見るにはあまりにも汚らわしく不愉快なものだった。しかも、密かに、彼らは壁の一つの穴から中に入り、それらの言葉にするのもはばかられるものに香を捧げていたのである。

 誰でも見ることのできる外庭では、祭司たちがイスラエルの通常の儀式の形式を依然として執り行っていた。毎朝毎晩、小羊の煙が祭壇から立ち上り、その横には祭司職の聖なる衣をまとった祭司が立っていたのである!そこに、まさしくそこに、恐ろしいほど神の近くにいた神の祭司の汚れた目には見えなかったが、祭壇の神がおられたのである――忌むべきものを描かれた至聖所から神は追い出されていたのである。

 「そのとき彼は私に言われた、『人の子よ、イスラエルの家の長老たちが暗い所で行っていること、各々その想像の部屋で行っていることを見たか?』」。

 きっと、これに解釈の必要はないだろう。外庭に偶像があり、聖所の内側に偶像があり、至聖所の中にもあったのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ