御言葉

 ――「こういうわけで、これらの約束を持っているのですから、愛する人たちよ、肉と霊のあらゆる汚れから自分自身を清め、神を畏れて聖さを完成しようではありませんか」(二コリ七・一)。

 ――「もし私たちが自分の諸々の罪を告白するなら、彼は真実で義であられるので、私たちの諸々の罪を赦し、すべての不義から私たちを清めて下さいます」(一ヨハ一・九)。

 ――「ペテロは彼に『決して私の足を洗わないでください』と言った。イエスは彼に答えて、『もし私があなたを洗わないなら、あなたは私と何の関係もなくなる』と言われた」(ヨハ一三・八)。

 われわれは今、聖別と関係している汚れと清めについて考えることにする。

 これまで聖別の主題を、第一に宮の型を通して、第二に祭司の型を通して見て来たことを、あなたは覚えているだろう。われわれは、信者として、宮と祭司の両方である。そしてわれわれは、宮の聖別は神の永続的な臨在のためであり、祭司たちの聖別は神の奉仕のためであることを見い出した。この二重の型は、われわれ自身の聖別に関してわれわれに教えるものだった。

 さて、宮も祭司も決して再聖別されなかったことが真実である一方で、ああ、両方ともしばしば汚されたことも真実であり、それが起きた時はいつでも、その汚れからの清めが必要不可欠だった。汚れた祭司は依然として祭司だった。確かに、彼は生まれつき祭司だったのであり、聖別は彼を祭司職に、その機能の行使へと就かせる儀式にすぎなかった。ちょうど、生まれつき王子であり、王権を持って生まれた人を、支配者の位に就かせる即位式のようなものだったのである。われわれが祭司なのは新生によってであり、聖別はそのようなわれわれの奉仕への扉を開くものにすぎない。汚れはこの奉仕の特権を差し止める。汚された祭司は奉仕することを厳しく禁じられた。

奉仕の禁止

 汚された祭司は、清められるまで、神の事柄に奉仕することを厳しく禁じられた。しかし、清めの方法は再聖別ではなく、それは決して繰り返されなかった。

 疑いなく、イスラエルの霊的状況が低調だった時、神の目から見て、また神の書によると、実際に汚れている祭司たちが、依然として祭壇で奉仕するようなことがしばしばあった。しかし、彼らが清くない手で神に仕えることに固執することほど、神の不興を招くものは何もありえなかった。それは不埒な侮辱だったと言えよう。神の祭司の一人が汚されるのは衝撃的なことだった。汚れを負っているのに、おこがましくも神の奉仕の中に居続けようとするのは、不埒なことだった。これに関して新約聖書から引用して、神は汚れた僕からのいかなる奉仕も受けないことを示すことにしたい。神は汚れからの即時的清めのために豊かな備えをして下さっている。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ