それ自身よりも高い源

 また、その流入口を開いておかなければならないし、流出口も開いておかなければならない。

 クリスチャンが御霊に対して犯す二つの罪がある。われわれは御霊を悲しませるおそれがあり、御霊を悲しませるものについて教わっている。「神の聖霊を悲しませてはいけません。この御方によってあなたたちは贖いの日へと至るように証印を押されています。苦々しさ、憤怒、怒り、叫び、悪口を、あらゆる悪意と共に、ことごとく捨て去ろうではありませんか」。

 今あなたは、自分の心の中に、誰かに対する苦々しい感情を少しでも許しているだろうか?苦々しさ!憤怒!怒り!おそらく、われわれはそれについてあまり気にしないかもしれない。「主は御存知です。私は生まれつき短気であり、そのような気質なのです。それはほんの一瞬で、すぐに済むではありませんか」とわれわれは言う。おそらく、あなたにとってはそれで済むかもしれないが、あなたが傷つけた心にとってはそれで済むだろうか?怒り!悪意!妬み!ああ、私の友よ、われわれが自分自身の内に許容し、擁護し、保つ、これらの事柄はみな、流入口を詰まらせて泉の噴出を妨げる石に他ならない。

 それから、御霊を消してはならない、とわれわれは教わっている。御霊に「否」と言ってはならない。御霊に御自身の道を歩んでもらえ。御霊が「祈りなさい、仕えなさい、与えなさい」と仰せられる時に「否」と言うなら、流出口は詰まり、泉は流れなくなる。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ