恵みと新たな関係についての霊感

 次に、恵みは新しくされた生活を偉大な関係の刺激と霊感の下に置く。信者は赦された罪人であるだけでなく、神の子供である。これは新生による。天然的誕生が肉体の領域で実際のものであるのと同じように、新生は霊の領域で実際のものである。信者は神の子である。それは遥か昔の創造という事実によるのではなく、神聖な誕生という直接的・個人的事実による。信者はもはや自分の祖先を神からアダムを経由して辿らない。むしろ、アダムがそうだったように、介在する祖先がいない神の子なのである。

 これは信者を数々の素晴らしい特権へと導く、と信者は教わる。その特権とは御父に近づく権利、御父と交わる権利である。キリストは彼を「兄弟」と呼ぶことを恥とされない。彼は万事においてキリストと共同の相続人とされており、来るべき王国でキリストの力と栄光とにあずかる運命にある。

 恵みは信者に祭司と王という偉大な職務を与える。

 祭司として信者は神礼拝の古い形式主義から解放されて、「イエスの血により至聖所の中に入り」、時や場所を顧慮することなく、「イエス・キリストを通して神に受け入れられる霊のいけにえ」をささげる。

 儀式尊重主義から解放された信者の礼拝は、子が御父を崇める行為である。御父の聖さ、慈愛、力は無限だが、それにもかかわらず、彼は神であるがゆえに父である。そして、この祭司職は必然的に執り成しの特権を担うことになる。この信者・祭司は、自分たちのために祈らない神の家族の外の者たちのために祈る。彼はキリストのように、御父の御前で、不信の世の仲裁者であり思い起こさせる者である。

 恵みは信者に告げる。自分自身の体の肢体が自分と結合されているのと同じように、信者はキリストとしっかりと結合されているのである。「一つ御霊により、私たちはみな一つからだの中へとバプテスマされました」。「主に結合される者は一つ霊です」。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ