われわれは党派の奴隷である

 われわれの場合はましなのだろうか?そんなことはほとんどない。理論的には、われわれは政治的に自由である。実際には、われわれは党派、党員集会、実力者の奴隷である。私の政治的信条を形成する権利を党大会の手に渡す瞬間、私はもはや絶対的に自由ではなくなる。道徳や宗教に関する私の意見、私の信念を他の人々から人づてに受け取る時、彼らが今日の人々、宗教改革期の人々、初代教会公会議の人々であろうとなかろうと、私はもはや自由ではなくなる。ある習慣が私の生活を支配するのを許す時、私はもはや自由ではなくなる。高ぶり、虚栄、野心、享楽が私の生活を支配するのを許す時、私は奴隷の中で最も卑しい者になる。私は自分では罪をやめないしやめることもできないが、まさにこの事実が私は奴隷であると宣告する。イエス・キリストは奴隷たちの世に来て下さった。

解放者キリスト

 興味深いことに、地上における彼の使命に関する彼の最初の公式宣言は、生活のまさにこの点に触れるものだった。ナザレのシナゴーグの中で、預言者イザヤの書が彼に手渡された。そして、「主の霊が私の上におられる。なぜなら、彼は私に油を塗って、虜にされている者たちに解放を(中略)告げるようにされたからである」と記されている個所を彼は見つけられた。

 彼は罪に対するわれわれの隷属から開始される。そしてここで彼は最初の困難に遭遇される。彼が解放しようとしている人は奴隷であるだけでなく、有罪宣告を受けた奴隷でもあるのである。その人は売り飛ばされる奴隷だが、首には絞首索が巻かれている。誰がこの人を贖うのか?否、むしろ、「誰がこの人を贖えるのか?」と言った方がいいだろう。その人の兄弟ではない。なぜなら、彼もまた首に絞首索が巻かれている奴隷だからである。「この奴隷、この人のための代価は何か?」。どの人に対しても一つの代価しかない。

 この奴隷たちを贖おうとする者は誰でも、彼らの代わりに死ななければならない。明らかに、一度も罪を犯したことのない者、完全に自由な者だけが、身代わりとして受け入れてもらえる。これらの必要条件を満たした存在は、これまでひとりしか現れなかった――すなわち、イエス・キリストである。そして、まさにこの代価を支払うために、イエス・キリストはこの地上にやって来られたのである。彼自身の命、想像を絶する彼自身の苦難という犠牲を払って、彼は聖なる律法の要求を最後まで満たし、罪の奴隷たちを死から贖われる。

 彼らは律法の呪いから自由になったのか?然り。罪の習慣からはどうか?否である。

 次に、この偉大な贖いの諸々の過程が始まる。これらの過程は内なる生活の領域の中で進行する。その目的は性格を変容させ、罪の支配から完全に解放することである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ