御言葉:「私はあなたのことを耳で聞いていましたが、今は私の目であなたを拝見しています。それゆえ、私は自分自身を忌み嫌います。」ヨブ四二・五~六

 ある人はヨブ記のことを「内なる生活の叙事詩」と称してきた。これは極めて妥当である。われわれはみな、内なる生活があることを知っている。われわれの存在の境界の内側、あらゆる活動や外観の背後で、われわれは生きている。そこで現実の生活がなされていることを、われわれ全員が知っている。そこではわれわれは孤独であること、そこではすべての人が隠遁者であることを、われわれ全員が知っている。

 これが真実であることに議論の余地はない一方で、別の意味において、この奇妙な内なる生活は非常に人気がある。情熱、願望、誘惑、身の毛のよだつような悪魔的考え、天使的考え、祈り、崇拝、卑しい自己中心性、戦いと嘆願、この混沌の中に信仰は神の性質、復活したキリストの命、聖霊の内住の途方もない平安と力と喜びをもたらす。われわれが永遠の命を受けた時、われわれは内なる生活の新たな歴史の第一章を記したにすぎないことを、われわれ全員が知っている。

 新たない戦い、新たな勝利、ああ!新たな敗北もあるのである。

 あなたが知っているごくありふれたクリスチャンでも、その存在の奥まった所で、一つの叙事詩を書いているのである。

 そして、この内なる生活は、最終的に、外側の生活の源であり泉であることを、われわれは知っている。もちろん、数年の間、これらのものを異なるものに保つことは可能である。しかし遅かれ早かれ、内なる生活が外側の生活の決定要因となる。それゆえ、この生活に神は最も関心を持っておられる。それは福音の経綸の決定的特徴である。

 「今や斧が木の根元に置かれている」と先駆者ヨハネは言う。「木を良くせよ、そうすればその実も良くなる」と、キリストはほとんど開口一番語られた。確かに、これは常にそうだった。「見よ、あなたは真実を内なる諸部分に求めておられます」。「主は心をおもんばかる」。

 出発点として、ヨブ記の最後の章の五節と六節を取り上げるのが最善だと思う。

 「私はあなたのことを耳で聞いていましたが、今は私の目であなたを拝見しています。それゆえ、私は自分自身を忌み嫌い、塵と灰の中で悔い改めます。」

 これは悩む族長の転機である。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ