次に人です!この御座を前にして彼の方に目を向けるのは、ほとんど恐れ多いことです。彼は尻込みしているように思われます。この対比はあまりにも著しいため、誰もあえてこの人に言及しようとしないでしょう。それでも彼はそこにいます。主の啓示・除幕の前に、この御座の前にいます。この人はひれ伏しており、滅びるばかりです。愛する人よ、この人に関する次の点に注意してください。この点は恵みの働きのまさに本質です。すなわち、この人は、それに関して自分が間違っている事柄を非難し始めることをせず、滅びるばかりなのは自分自身であることを理解し始めたのです。もし私たちが数々の点を顧みて「確かに、私は自分がこの事柄やあの事柄で間違っていたことを知っています」と言うだけなら、神の啓示の働きはこれらの事柄に関して十分だったとは言えません。このような主にふさわしい唯一の反応は、自分自身が滅びるばかりであること、滅びるばかりなのは人であることを、私たちが認めることです。もし私たちが心から真に、主御自身からの啓示を主に求めるなら、また、主の主権との御座における交わりを真に求めるなら、「どうか私たちがこの光景の中から消え去りますように」という要求についても熱心であろうではありませんか。この問題全体が意味するのは、主が入って来られるので、私たちは排除され、無に帰されるということです。また、それがみな「私はわざわいだ」という結末になることを受け入れる覚悟をするということです。

 ヨブ!神と啓示を前にして、あの素晴らしいドラマの大きな山場で、ヨブが「私の目が主を見たからです。それゆえ、私は塵と灰の中で自分自身を忌み嫌います」と述べたのを、あなたは覚えておられるでしょう。

 ペテロは主を見て、「私から離れてください、ああ、主よ、私は罪深い人です」と叫びました。

 主の御用や奉仕のどの部分に対しても、これは必要不可欠な前奏曲です。ああ!これは束の間の事柄、過ぎ去って行く啓示に関する事柄ではありません。それは内側深くに打ち込まれるので、「自分は無であり、主がすべてである」という状態が永続的なものになります。私たちは無であり、主がすべてである――どうかこれがこのメッセージの結果でありますように。私たちは全員、今、こう言えるのではないでしょうか?ここにいる私たちの中には、こう言えない人は一人もいないと思います。私たちはみな、心から、深い誠実さをもって、「私たちは無であり、主はすべてです」と言うことができます。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ