聖書朗読:イザヤ六・一~八

宮を占有される主

 よく見ると、これらの節の際立った点は、第一に、主、高く上げられてその裾が宮を満たしている主御自身であることがわかります。そして、愛する人よ、私たちの心はこれに大いに同意・肯定して、「そうです、そこからすべてが始まるのです」と言います。すべては、高く上げられてその裾が宮を満たしている主御自身と共に、そこから始まります。そうでない限り、私たちは何も持つことができません。私たちは、最初からずっと、これを主要な要素として視野の中に保たなければなりません。まず、主御自身を見なければなりません。私たち全員が愛している詩歌に照らして、「喜びではなく、平安ではなく、祝福でさえなく、主御自身……」と述べることが、今やほとんど普通になっています。

 主御自身、高く上げられてその裾が宮を満たしている主御自身。主が主の宮を満たしており、そこには主御自身以外のもののための余地はありません。主が占有しておられ、その裾が宮を満たしています。主御自身――そこから私たちは始め、そこで私たちは終わらなければなりません。確かに近頃、何ものにもまして私たちが叫び求めているのは、私たちが追い求めている主、高く上げられた主、主にその地位が与えられることです。

 私たちは主を高く上げることはできません。私たちは主を高く据えることはできません。私たちは主の裾を宮に満たすことはできません。しかし、それが主の地位であることを承認することはできます。そして、私たちに対して啓示されるあらゆる方法で、それに自分を明け渡して、「そうです、そうなりますように」と言うことはできます――主にその地位が与えられますように、と言うことはできます。そして、主にその地位が与えられる時、主がすべてを満たされます。そして、他の物や者のための余地はなくなります。ああ!主がそれを霊的生活の中で、今日の生活のあらゆる点やあらゆる文脈の中で、私たちに真に経験させて下さるなら、この黙想には価値があったことになります。あまりにも多くの他の事柄、関心、配慮、要素、性格等々があって、主の地位を侵害し、主の前に割り込んでいます。あの高慢な心が、あまりにも多くの方法で姿を見せます。それは本質的・原則的に、常に自分を高く上げて主の地位を占めようとします。それは、「私は天に昇ろう」……「私は私の座を雲の上に上げよう」……「私はいと高き方と等しくなろう」と言った者の心の中で生じました。それは自己実現の高慢の原則に他なりません。高慢な心は常に神の前に割り込みます。そして、神にその地位を決して与えません。主は私たちの心を探らなければなりません。それはまさに、主にその地位を与えていないもの、主の栄光の邪魔をしているものを啓示するためです。

 愛する人よ、これはそこで始まり、そこで終わります。「主がその地位を得られますように」が私たちの祈りでしょうか?私たちが諸々の道――それらの道では、主がその地位を得ておられないとは、到底考えることも、想像することもできません――を見るようになる時、主は私たちに関してはそれを得られるでしょう。ああ、この欺きに満ちた心。私たちの心は欺きに満ちています。それに疑いの余地はありません。私たちの心がまさに欺きに満ちていることは次の事実からわかります。すなわち、「自分は主に徹底的に明け渡した」と私たちが考える時、そこに自分の明け渡しを誇る思いがあるのです。私たちの謙遜は誇りや自慢を帯びています。多くの事例でこれはどれほど真実であることでしょう。彼らは良い始まりをし、大きな代価を払いました。主のために堅く立ち、それから神に用いられるようになりました。そのため、無自覚・無意識のうちに、神の祝福のゆえに高慢になってしまいました。そして、本物の霊の務めは裏口からそっと出て行ってしまいました。彼らは別の意味で「有能」になったからです。それでも、「自分は前と全く同じである」と彼らは主張しようとします。私たちをこの光景の外に保つには主の強力な啓示が必要です。それはこういう結果になります。高く上げられてその裾が宮を満たしている主を、聖霊が炎の中で真に私たちに示して下さる時はじめて、私たちは救われます。神のすべての御旨・権益のために、このような主の啓示が必要です。主は御霊の啓示によって私たちに臨まなければなりません。人の言葉や、主に対する誉め言葉――それは神についての教理に関しては完全に正しいものかもしれません――によってではなく、聖霊のあの御業によってです。聖霊の御業は、私たちの前に神を生ける者とするので、私たちはひれ伏します。高く上げられて、その裾が宮を満たしている主。これが第一の、すべてを含む点です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ