選びの器に対するサタンの憎悪

 これにはそれよりも更に深い何かがあると思います。ヨセフがキリストの型であり、それに何の疑いもない以上、彼の宿命はキリストのように王座に至ることでした。しかし、その王座を渇望する他の者がいました。この者は、この王座への大志を抱く人に対する状況を無茶苦茶なものにし、この王座に召された人々の生涯を何としても苦難と苦しみの生涯にしようと立ちはだかります。この光景全体の背後の影に隠れて、これが示すもの、これが前もって表しているものを絶えず見ていた者がいたのだと思います。私が思うに、たとえ影や絵図だとしても、サタンはどこでも常にキリストを見分けることができます。そしてこの絵図・型により神は、この王座に確実に達する方がいることを示唆しておられました。サタンはこれに反対します。そして、これを不可能にして挫折させるために、サタンはあらゆる肉的な手段を用います。そしてここに肉的な兄弟たちがいて、この王座に目を向けているこの人に襲いかかるのに必要な立場をサタンに与えていました。彼の渇望はサタンにとってあまりにも気高いものでした。もし教会が、神の意図された御旨にしたがって、このような渇望を持つなら、教会はサタンの手により辛い時を過ごすでしょう。サタンの手から直接苦しめられるだけでなく、肉的なクリスチャンたちによっても苦しめられるでしょう。神と共に進み続ける者たちに対する最大の障害、邪魔物、苦難の原因は、肉的なクリスチャンたちです。神と共に進み続けるつもりなら、あなたはこの世によって苦しめられる以上に、信仰を告白する教会によって苦しめられるでしょう。これが苦難の道であり、王座に至る道です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ