選びの器の神に対する独特な関係

 しかし、ヨセフは父親に特別に愛されていたことに注意して下さい。ヨセフの試練について取りかかる前に、これを確立しておくといいでしょう。「主は愛する者を訓練し」、サタンは常にこれに反対します。私たちが困難、苦難、屈辱、拒絶の中にある時、「主はお前を愛していないのだ」という声が常に耳元にあります。ですから、ヨセフは父親に特別に愛されていたことに注意するといいでしょう。なぜでしょう?すでに見た諸々の理由のためです。まず第一に、彼はあの二倍の労苦の結果でした。父親は彼のために二回にわたって労苦しました。ヨセフを生み出すにはとても大きな代価が必要でした。キリストのからだである教会は、御父の御心の極めて深い苦しみの実です。神は教会を確保するために大いに苦しまれました。それは神の教会です。何と素晴らしい宣言でしょう!教会やキリストのからだと称されることがとても多いのですが、ここではその名称は「神が御自身の血をもって買い取られた神の教会」(使二〇・二八)です。こういうわけで、教会は神にとって特別に慕わしいものなのです。しかし、これがそうなのは、教会が神の二倍の奉仕、苦しみ、労苦の結果であるからだけでなく、教会は神の御霊の実であり、神の御霊の苦しみから生じたものであり、神の最も内なる部分に極めて深く応えるものだからでもあります。これは素晴らしいことです。このように神は教会を御覧になります。神はありのままの私たちを御覧になるのではありません。キリストの中にある私たちを御覧になるのであり、これは永遠にそうです。驚くべきことです!

 これを示す最も驚くべき実例・予型は、バラムがイスラエルについて述べるよう強いられた発言の事例です。その事例では、バラムは自分自身の言葉を述べることが許されず、神の御言葉を述べるよう強制されました。あらがえない強制の下で、山からヤコブの諸部族が展開している谷を見渡した時、彼は「神はヤコブの内に不法を御覧にならない」と言いました。ヤコブを見て下さい、荒野での生活を見て下さい、反逆、つぶやき、心の中でエジプトに逆戻りしたこと、不忠実さを見て下さい。それにもかかわらず、このようなあらゆることを前にして、神の御心から発したこの驚くべき宣言が、不忠実な預言者の口から嫌々ながら強制的に発せられたのです。「神はヤコブの内に不法を御覧にならない」。何という恵みでしょう!

 ですから、主は教会を恵みの実として、ご自身の苦しみの実として御覧になります。そして教会は、私たちには述べるのが難しい方法で、どうにか主の御心に応えます。「キリストは教会を愛された」。キリストは昔も今も教会を愛しておられます。何らかの神秘的な方法で、キリストは御自分の心が願うものを教会の中で獲得されるからです。「キリストがそれを私たちの間で獲得されますように」という願いが、どうかますます深まりますように。これが父親に対するヨセフの立場であることがわかります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ