聖書朗読:ローマ八・二、一七、ピリピ三・一〇

 さて、キリスト・イエスにある命の霊の法則の七つの働きの最後のものに来ることにします。私たちは、創世記のアダムからヤコブに至る人々によって私たちのために描写されているこの働きの諸々の段階を辿って来ました。そして今、最後の七番目であるヨセフに来ることにします。ヨセフは先立つ六人全員の集大成であり、この六人はヨセフにあって命の最終的豊かさにもたらされます。

 ヨセフの場合、最優先事項は「すべては御父のためである」ということだったのか、と問うことにしましょう。ヨセフが私たちに最初に示されるのはこの問題についてであることがわかります。ヨセフに関する物語の最初は、イスラエルは自分の息子たちの誰よりもヨセフを愛したということでした。これはどうしてでしょう?そのすぐ後に示されているのが分かるように、ヨセフは父親の権益を特別に気遣っていたからです。彼は「すべては御父のためである」ということを最優先にしたのです。

 ヨセフはさらに霊的識別力と理解力というものを、御父を喜ばせるものに関しても行使したのでしょうか?それが彼とその兄弟たちとの間の揉め事の原因だったのではないでしょうか?彼の兄弟たちは父親の思いとは正反対のことをしていました。ヨセフは、これがどれほど父親を辱めるものであるのかを見て遺憾に感じました。彼は自分の兄弟たちの間違いを見抜きました。それは揉め事であり、自分はそのように歩まないで、父親に喜ばれるよう肉によってではなく霊によって歩もうとしました。

 次に、ヨセフの場合、復活の原則がどのように働いていたのかが、はっきりとわかります。彼の生涯のほとんどはこの原則に基づいていました。彼は死の中に下ったのでしょうか?そうです、しかし彼は復活を知っていました。この復活の原則はヨセフの生涯の一大要因です。

 信仰に関して、ヨセフは誰よりも試みられました。ポティファルの家、牢獄、地下牢で過ごした年月の間ずっと――ああ、この信仰の試みは何と大きなものだったことか!「彼の魂は鉄の中に入り込み、主の御言葉が彼を試みた」と詩篇作者は述べています。そうです、信仰が要求されただけでなく試されたのです。彼が神に信頼した様は素晴らしいです。苦々しさ、憤り、反抗の痕跡は何も見あたりません。ヨセフの信仰が勝利します。

 確かに、彼は真の息子です。彼の兄弟たちによって代表される神の家のための奉仕に打ち込む姿は、子たる身分の霊を表しています。彼は自分の兄弟たちの幸福を気遣いました。彼は兄弟たちの食事の様子を見に行きました。彼らにパンを持って行きました。彼の生涯の一大目標は、後にエジプトでわかるように、自分の兄弟たちに奉仕することでした。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ