実際のところ、私にはこの意義について示唆を与えることしかできません。私が常に心の奥底で心がけているのは、あらゆること、諸々の関係、他のすべてのものが、神の家の中では、キリストの増し加わりのためである、ということです。親愛なる姉妹たちよ、「あなたたちは抑圧されて排除されなければならない」と述べている箇所が新約聖書にあるとは思わないで下さい。あなたたちにはとても本質的な務めがあります。その務めは神の家において重要なものであり、キリストの増し加わりのためです。そして、もう一方の側の者たちはあなたたちを必要としており、あなたたち抜きでは自分の務めを果たせません。「男が一人でいるのは良くない」と主は言われました。これには、人間的交友を持つ以上のとても深い意味があります。これを積極的な言い方で述べるとこうなります、「男が一人の女を持つのはとても良いことです。だだしそれは、女が神の御思いにかなう正しい優しさを持っていればの話です。あなたはバランスを保たなければなりません」。

 しかし、そのどちらも入れ替わってはなりません。さもないと、天的秩序は直ちに覆ってしまいます。こういうわけで、コリント人への第一の手紙はすべての領域で無秩序を正します。この世は無秩序なので排除されることがわかります。天然の人は無秩序なので排除されます。この無秩序な領域にしたがっている関係が教会の中に入り込むなら、そのような関係は出て行かなければなりません。そして、天的秩序がもたらされなければなりません。パウロが教会の中の女性について述べていることはどれも、正しく解釈するなら、「女性には何の地位もない」という意味ではありえない、と私は信じています。その正反対だと私は信じています。しかし、彼が述べたことはどれも、無秩序な所に秩序をもたらすということです。それは天的秩序の問題でした。あなたが正しい所にいるなら、あなたは完全に機能できます。しかし、あなたは自分のいるべき正しい所にいて、それを保たなければなりません。さもないと、命は出て行ってしまいます。おそらく、こうした問題に関して私はこれまであなたを完全には満足させてこなかったかもしれませんが、私は原則を扱っています。命の法則は天的秩序の道筋に沿って働きます。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ