そこで今、コリント人への第一の手紙に向かうことにすると、最初に導入されているのはこの世であり、二番目が人、天然の人です。他方、三番目が諸々の関係や人の関わり合いです。そこで、このコリント人への第一の手紙はすべて、矯正するための手紙であることがわかります。それはこの世に触れ、人に触れ、人間関係に触れます。これはみな矯正的です。それでは、この手紙はもっぱら何を取り扱っているのでしょう?この手紙の関心はキリストのからだである教会です。「キリストは分けられたのか?」が、この手紙が私たちに突き付ける問いです。そして、「キリストの中には何の分裂も無秩序もない」と、この手紙はただちに答えます。この手紙を読み進むと、神の御心にしたがって教会を真に霊的に理解するなら、アダムを通して入り込んだ無秩序はすべて正されることがわかります。こうしたことがこの手紙の中で一つ一つ取り扱われています。

 これを別の言い方で、もう少し単純に述べましょう。キリストのからだである教会が神の御心にしたがって霊的に表現されている所では、アダムを通して入り込んだ混乱や無秩序といったものの余地は全くありません。それは排除されます。この世は排除されます。天然の人は排除されます。人間関係の中のこの無秩序は排除されます。教会は完全な神の秩序を表します。そしてこれは、その中にいると主張するすべての人に諸々の要求を突き付けます。その一つの根本的要求が、この矯正するための手紙の冒頭に見つかります。「私はあなたたちの間で、イエス・キリスト、十字架に付けられた方以外に何も知るまいと決意しました」。教会に属すると主張しているこの人々の上に課せられた、この一つの根本的かつ包括的な要求とは、主イエスの十字架を通して――これによりこの世は十字架に付けられ、これにより天然の人は十字架に付けられ、これにより人間関係の中の混乱はすべて十字架に付けられました――ただキリストだけを知るべきであり、ただキリストだけを認めるべきである、というものです。なぜならここで私たちは、教会の性質そのものである奥義に触れるからです。その奥義とは天からのキリスト、この世からのものが何もない、団体的に表現されたキリストです。地上の人にしたがっているのではなく、天的な人に関する神の御心にしたがっているキリストです。天的秩序の化身であるキリストです。私は組織という言葉が嫌いで、この言葉をしょっちゅう悪い意味で用いていますが、この言葉を正しい良い意味で用いることも可能です。もしそれを我慢していただけるなら、私は言いたいのですが、キリストは天的組織の化身です。キリストのからだである教会の中に入ることは、ある天的な組織、神聖な秩序の中に入ることです。ですから、この完全で神聖な秩序の領域がキリストのからだである教会であり、それは「そのキリスト(the Christ)」と呼ばれています。さて、これにより私たちはこの一般的真理の適用へと導かれます。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ