聖書朗読:創世記二八・一〇~一二、一九、ヨハネ一・四七、創世記三一・一三、三五・一、六、七、一コリント一・二〇

 私たちのために創世記の中で七人の人物によって示されている命の七重の働きについて、これまで考えて来ました。私たちの前の黙想では、七番目すなわちヤコブに到達しました。神の命の道としてヤコブが示していることに、私たちは再びこの黙想で専念することにします。

 神の家、教会、ベテルが、私たちの特別な目的です。再びヤコブを私たちの絵図として取り上げるなら、教会に関する限り、すべてはその地的面からではなく天的面から始まらなければならないことがわかるようになります。これがヤコブの生涯の支配的事実です。これが彼の人生をどのように解き明かすのかを見ることにします。

天の法則と支配

 ヤコブが彼の道を進んでその巡礼の旅を始めた時、それは地上における彼の巡礼の旅であるだけでなく、霊的過程の旅でもありました。この霊的過程は、彼の地上生涯や歩みのあらゆる出来事、事件、事象の背後にあるものでした。意義深く印象的なことに、この巡礼の旅で彼が最初に止まった地点が、一晩だけではありましたが、ベテルでした。そして、ベテルが天からのものとして聖書の中に初めて登場します。これが聖書における教会への最初の言及であり、ヤコブと共に登場します。それは天から出たものとして登場します。つまり、その天的な面から出たものとして登場します。そして、これがヤコブの残りの経歴や霊的巡礼を支配し、解き明かす法則となります。この時点で始まるのは、天的なものの統治です。そして、この統治が神によって導入される時、地的意志にすぎないものは、その瞬間から、罪定めと神の懲らしめの下に落ち込んで滅びに至ることになります。それは、すべてが少しずつ、その起源、その源、その発端にしたがって天的なものになれるようになるためです。私たちはこのすべてを包括する問いを発しなければなりません。「すべてはどこから始まり、すべてはどこに至るのでしょう?」。答えは一つです。すべては天において始まり、すべては天に至り、天において究極的に完成されます。これは、「すべてはキリストからです。天から出たものはみな、キリストからであり、キリストの中にあります」ということの別の言い方に他なりません。「万物は御子によって、御子のために創造されました。御子は万物よりも先にあり、万物は御子にあってまとまっています」(コロ一・一八~一九)。これに対応する真理は示しませんが、御子は万物よりも先にあるだけでなく後にもあることを示す御言葉がたくさんあります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ