あなたは動き回って聖徒たちを慰め励まし、主の子供たちのためにあらゆる種類の親切を施すのに用いられ、祝福されるかもしれません。あなたはそれが実際に霊的な増し加わり、キリストの増し加わりにつながるものであり、神の目的に導くものであると確信しているでしょうか?それは助けになり、祝福になるかもしれませんが、神の家の実際的建造についてはどうでしょうか?慰めと励ましと助けを与える私たちの務めにおいて、私たちは霊的増し加わりを分与できなければなりません。踏み段の上にいる足萎えの犬を助けるだけではなりません。すべての行動には目標がなければなりません。その目標とは、すなわち神の家です。

 務めや奉仕の形式がどうであれ、すべての奉仕は、神の観点から見ると、神の家と関係しています。これがヤコブの事例で明らかにされています。結局のところ、奉仕とは何でしょう?幼子は、全く良い動機で、全く純真な気持ちから、母親を助けるために多くのことをするかもしれません。母親はもちろんとても忍耐強く、子供を罰したりしません。子供の動機は良いこと、本当に助けるつもりでいることを、母親はよくわかっています。しかし、何と気の毒な母親!時々、母親が「もちろん、娘は私を助けようとしています。しかし、娘は少しもわかっていないのです。自分のせいで私の仕事がどれだけ増えるのか、自分の後で私がどれほど片付けなければばらばいのか、結局のところ実際には、少しも助けになっていないということを」と言うのを耳にします。子供たちの場合はそれでも構いません。奉仕の問題について実際に考える時、私たちはこれをどう解決するのでしょう?確かに言えるのは、実際の現実の奉仕は自分の目的を実現するものだということです。ですから、このように貢献してくれるすべての人に、私たちは「今、あなたたちは本当に助けになっています。今に、私たちは目的地に到達するでしょう」と言います。

 神の目的は何でしょう?神の御心は何に注がれているのでしょう?神の教会です。主イエスは教会を愛して、教会のためにご自身をお与えになりました。私たちがラケルについての節を読んだのはそのためです。すぐにこの点に戻って来ることにします。教会を確保することが真の奉仕です。そうです、教会はキリストのからだであり、神に対する真の奉仕は教会を確保し、教会による神の全き御旨を確保することです。これが神に対する真の奉仕です。素敵で素晴らしい有益なものではあるものの、実際には決して神の御旨に至らず、実際には御心の御旨に仕えていない、他の無関係な多くのものではありません。神に関する限り、命が働くのはこの道によります。

 命の御霊の法則が働くのは、私たちが神の御旨、神の目的、神の御思いと積極的に同調する時です。そして、それらはみな神の教会に関するものです。私たちはアブラハムの信仰がイサクの子たる身分という結果になるのを見ました。そして今、ヤコブが子たる身分を得て、それを受け継ぎます。ヤコブにおいて私たちは奉仕における子たる身分の真の精神を見ます。この精神は、御霊にかなう教会以外の何物にも決して真に満足することはできません。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ