聖書朗読:創世記二八・一六~一七、一九/創世記三一・一三;三五・一、六~七/二九・一五~一八/コロサイ一・二四

 さて、キリスト・イエスにある命の御霊の法則のこの働きの六番目に来ることにします。私たちはヤコブに導かれます。命の法則の働きの別のさらに進んだ面を見ることにします。というのは、この先わかると思いますが、これらの段階の一つ一つは、前の段階よりも進んだものだからです。私たちは前に向かって進んでいるところであり、神の御旨に至りつつあります。私たちは目標を見ています。豊かな命が私たちの前にあります。そして、私たちはこの継続的な段階によって豊かな命に至ります。この各段階は私たちをいっそう目標に近づけます。各段階それ自体がその豊かさを増し加えるものです。ですから、この命の問題において、ヤコブによって示されているこのさらなる発展がいかなるものなのかを、私たちは見なければなりません。

 ヤコブの事例では、他の事例よりもいっそう明らかに際立っている三つの点があります。第一は生得権、第二はベテルあるいは神の家、第三は奉仕です。この三つの本質は実際には一つです。一つのことの三つの相です。生得権は祝福です。根本的な祝福、最高の祝福、第一の祝福です。神の家――もしくは新約聖書の名称を用いると神の教会――は至高の祝福を得るものであり、この祝福は卓越性を意味します。これがヤコブにどう作用したのか、この生得権が彼にとって何を意味したのかに注意して下さい。父親から祝福を意味する言葉を得ただけではありませんし、あるものを得ただけでもありません。この祝福によって彼は第一位に置かれたのです。ですから、兄が弟に仕えました。この祝福は彼を卓越した者にしました。神の家、キリストのからだである教会は、このために選ばれています。「ヤコブを私は選んだ」「ヤコブを私は愛した」。奉仕は常に神の家と関係しています。ですから、ここには一つのことの三つの面があります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
最新記事
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ