この水準に基づいて生きようとするとき、天然の人が笑って嘲らないかどうかを見てみなさい。彼らがどれほどあなたに疑問を呈するのかに注意を払いなさい。「あなたは何をするつもりなのか?」「わかりません!」「あなたはどこに行くのか?」「わかりません!あなたにはできると主が私に語られる時、主が私に証しされる時、私が主によって解放される時、私は行きます」。この霊的な言葉を好きなように言い換えても構いません。天然の人はこれについて何と言うでしょう?あなたを笑って、嘲ります。これは外面的に正しいだけでなく、内面的にも正しいことがわかります。自分自身のことを愚か者と呼びそうになることや、「自分はなぜこれをしないのか?」と自問することがしょっちゅうあります。そして、とどまらなければなりません――「自分はなぜこれをしないのでしょう?」「できないからです」「なぜできないのでしょう?自分でやればいいでしょう」「主はそれをしておられません。主がそれをしているようには感じません」。これは子たる身分の言葉であり意識です。これが命の道です。

 ですから、イシマエルはイサクを笑います。これは天然の命が霊の命を笑い、絶えず優位に立って神に属するものを追い出そうとするのと同じです。これは子たる身分の働きです。もちろん、もしあなたが子ではないなら、あなたはこれについて何も知りません。しかしもし子なら、私が述べていることを少しは知っているでしょう。あなたは自分が子であるかどうか直ちに告げることができます。この言葉は子たちにとって奇妙な言葉ではありません。これは、いずれにせよある程度まで、完全に理にかなった言葉です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ