私たちに対して、この命の道は主の御前に再び行って、こう言うことを要求します。「主よ、私の地的な見通しがすべて色あせ、私の野心がすべて失望に終わったとしても、あなたを私は求めます。あなたが私の大志であり、私の目標です。あなたがあれば、こうした他のものは全くたいしたことはありません」。私は信じていますが、私たちがそこに辿り着けるようになる時――私たちの間でこの道をかなり進んでいる人はあまり多くありません――それでもそこに辿り着けるようになる時、私たちは命の秘訣、喜びの秘訣、解放の秘訣を見いだすでしょう。神は褒賞であるイサクをこの地上では戻せないことになるのかどうかは定かではありません。神が褒賞を差し控えられるのは、私たちがそうしたものから神ご自身に向かえるようになるためです。神が御自身のために私たちを獲得される時、神はこの地上で何かを与えることができるようになります。この地上で祝福を与えることができるようになります。しかし、覚えておこうではありませんか。神の願いは御自身のために、御自身のためだけに私たちを得ることであり、私たちが同意する時、命がそこに見つかるのです。これが命の道です。他の影響や慮りが全く無くなって、すべてが主のためのものになること、主御自身のためのものになることを、この命の法則は要求します。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ