ノアの証しは本質的に復活を含む

 さて、しめくくらなければなりません。ノアについて注意すべき二つの点があります。彼は義人であり、神と共に歩んだ、と述べられています。義人として、彼はアベルの特徴を持っていました。アベルは義人であるとの証しを得ました。また、神と共に歩んで、彼はエノクの特徴も持っていました。エノクは神と共に歩みました。このどちらもあなたを直ちに復活の立場にもたらして、ノアが何を象徴しているのかを示します。御言葉が述べているように、もしノアが義人であるなら、その義はどこにあるのでしょう?主イエスの復活の立場以外にありません。私たちは彼の命、つまり復活の命によって義とされます。イエス・キリストの復活は神ご自身の御業であって、罪と咎はすべて対処されて取り除かれたことを証しするものでした。この立場に基づいて私たちは義とされます。それは彼の義、私たちに与えられた神の義によります。これは神と共に歩む命です。誰が神と共に歩めるでしょう?復活の立場の上にない人、その意味で神の御前に義でない人は、誰も神と共に歩めません。

 このように多くの方法でこの要点を強調し続けることができます。ノアが象徴しているのは積極面、復活です。また、命の霊の法則は復活の立場に基づいて働きます。これは、天然の命の他のすべての立場を離れて、私たちはキリストにあって外に出たことを意味します。その年月のあいだずっと、ノアは地上の物事の外側にあることを物語る働きに従事しました。その年月のあいだずっと、ノアは箱船を建造していたからです。毎日、彼はこの事実――自分はこの中にいないこと、外に出て行くこと、これを拒否すること――を強調し続けました。私について霊的に言えることが文字通り起きる時が来ようとしています。これがまた私たちの立場でもあります。私たちもまた、霊的に外に出ています。そして、私たちに霊的に言えることが文字通り起きる時を待っています。私たちは外に出て行くでしょう。しかし、キリストは外に出ておられます。復活の命は、私たちが地上の物、天然、この世、自分自身の外に出たことを意味します。ノアは箱船と共に絶えずこのこと――外に出ること、常に出ること――を証しします


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ