キリスト・イエスとユダヤ人

 さて、これをただちにキリスト・イエスとユダヤ人に当てはめることにします。ヨハネによる福音書ではカインについて用いられたのとまさに同じ言葉がユダヤ人にも使われていることがわかります――恐ろしいことです。しかし、私たちと主の全ての民が把握すべき要点は次のことです。すなわち、カインの立場に立ついわゆる不敬虔な者や、アベルの立場に立つ真の意味で敬虔な者について、私たちは必ずしも扱っているのではありません。私たちはもっと遥かに狭い領域の中にあります。肉に従うイスラエルと御霊に従うイスラエルがあるのです。

 ですから、当時のキリストとユダヤ人に向かうことにします。ユダヤ人は礼拝をしていましたが、殺人を犯しました。これは恐ろしい組み合わせです。彼らの礼拝はその領域ではとても敬虔なものであり、ある意味で代価を要するものでしたが、それにもかかわらず、外面的なものでした。これについて主の口にのぼった様々な御言葉をあなたたちに思い起こさせる必要はないでしょう。「あなたたちは器の外側を清める」「彼らは自分たちの経札を広くする」「あなたたちは長い祈りをする」。彼らは「まず人に見てもらうことを喜び」ました。等々。それは外面的でした。彼らの礼拝は彼ら自身の栄光であり、働きでした。彼らが礼拝をした時、彼らは自分たち自身に注意を引きました。そして、彼ら自身の礼拝を自己栄光化の機会としました。それはすべて形式の問題であり、その中に彼らはおそらく心を込めて飛び込みました。しかし、それにもかかわらず、それによって彼らは自分たちのために利益を得ることを求めました。礼拝ですら、常に彼ら自身に向けられており、実際のところ神に向けられてはいませんでした。彼ら自身の好みや利益のためでした。神の御心とは何の関係もありませんでした。神の満足だけを考えていたわけではありませんでした。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ