聖書朗読:創世記三・一~七、二二~二四、ローマ人への手紙八・一~二

 長く生きれば生きるほど、そして、物事について考えれば考えるほど、神と人との間のすべてのものを支配する究極的問題は命の問題であることを、人はますます確信するようになります。私たちの聖書はここで、命は法則であると述べており、さらにこの命は聖霊の御手の中にあると述べています――「命の霊の法則……」。

 法則は定まった確立済みの原則です。それには様々な可能性があります。それに適応してそれによって支配されるなら、特定の結果が必然的に生じることを、それは意味します。その法則が確立される時、それが秘めている可能性は確実に表されることを意味します。ですから、ここに述べられているのは、ある事柄が聖霊なる神に属する印は命である、ということです。何事も聖霊なる神に属するものなら、それは生きます。その主な特徴は命となります。これは法則であり、確立済みの原則です。神にしたがっているものは生き、その内に神ご自身の命を持っています。そしてこれは、原則として、導きの法則です。それは神の民を導くための原則です。

 しかし、初めに気を付けるべき別のことがあります。それは、定まった原則としての命の問題においては、この命はキリスト・イエスにあるということです。「キリスト・イエスにある命の霊の法則」。この事実に基づいて、神に属するものはすべてキリスト・イエスにあることを、聖書はことさらに強調しています。神に属するすべてのものの印が命である以上、命はキリスト・イエスにあり、ただ彼にのみあります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ