救い主の御声が霊の耳に語りかけるのをやめるやいなや、理性は嘲笑って言う、「それは馬鹿げたことではないだろうか?愚かなことではないだろうか?そんなことがどうして可能なのか?」。しかし、あなたはラッパを上げて自分の口にあてる。そして、喜びと平和と栄光の連隊があなたの魂の野原中を行進し始める。あなたは勝利を勝ち取っていないが、それでも勝ち取っている。問題は解決されていないが、あなたは叫んでいる。問題が解決されることをあなたは知っているからである。困難はまだ除かれていないが、それでもあなたは幸福のあまり、喜びで飛び跳ねることができる。「信仰は勝利である」。これがあなたの心の中の鐘を鳴らす。それは、ヨシュアの心の中でそうだったのと同じである。「信仰は勝利を勝ち取る」と天の聖歌隊は、彼に歌ったのと同じように、あなたにも歌う。オルガンは「進め、クリスチャンの兵士たちよ」と鳴り響く。そして、信仰の将軍は行進する魂の大隊の先頭で闊歩する。

 あなたは奉仕する天使たちを信じていないかもしれないが、私は信じている。天使たちが信仰の人のもとに来て、疑い・恐れ・不信仰という困難をすべて一掃したのを、あなたは信じていないかもしれないが、私は信じている。だから、あなたは一緒に計画を立てなければならない。あなたとイエス――イエスとあなたで計画を立てなければならない。あなたの道は彼の道になった。あなたの計画は彼の計画になった。彼の御声があなたを鼓舞して従順に導く。そして、あなたは壁が崩れることを初日の行進の時にすでに確信している。その確信は、七日目の終わりに太陽が西の山々に沈む際、壁が崩れた時にあなたが持っているのと同じ確信である。

 壁が崩壊する前にあげる期待の叫びと壁が崩れた後にあげる勝利の叫びとの間に、あまり大きな違いはない。「信仰は望んでいる事柄の実体であり、見えないものの証拠です」。だから、あなたは共に行進する。あなたとイエス、イエスとあなたは共に行進する。絶対的従順という岩道かもしれない道に沿って、たとえ彼は目に見えなくても、あなたは彼の傍らを歩く――すると、ある日、それは起きる。不可能なことが成し遂げられる。困難は克服される。諸々の障害は征服される。それらの障害は道から除かれる。自然は超自然の前にかがむ。有限なものは彼を主として認める。

 あなたのエリコの壁は崩れ落ちた。それはあなたが叫んだからだけではない――あなたがその周りを歩いたからだけではない――永遠なる神がそれと共に何かを行って下さったからである。自分の心の中であなたは次のことを知っていた。世人の目には見えないその土煙は、主の全能の御腕を包む覆いに他ならなかったのである。それゆえ、いにしえのヨブのように、あなたはそれまでの全生涯にはなかったほど豊かな自分の霊的財産の前に座して言う、「世に打ち勝つ勝利、それは私たちの信仰です」と。

 こうして、その時エリコの壁は崩れた。そして信仰により、今日、われわれと人の手が造ったのではない都との間にそびえ立つ諸々の大きな高台は、地面に崩れ落ちる。そして、われわれに対する障害は何もないことを証明するのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ