しかし、一言注意を述べよう。この祝福を求めるとき、自分の安息を失わないように気をつけようではないか。もし信仰の安息の中にもたらされているなら、もし彼の安息の中に入っているなら、いかなる考えによってもそこからおびき出されないようにしようではないか。神を待ち望もうとするなら、安息しきっていることほど必要なことはない。しかし、多くの人は「御霊のバプテスマ」を求めるあまり、完全に安息の中から抜け出てしまったのである。だから、われわれの熱心さが退化して性急な心配にならないように気をつけようではないか。

 もう一つの警告が必要である。何があっても、キリストから目を放してはならない。また、自分が求めている祝福はキリストの外に、あるいはキリストとは別に存在する、と思ってはならない。「あらゆる豊かさ」――すなわち御霊の充満――は彼の中に宿っていることを覚えよ。

 また、経験――何か異常な霊感――を得ることに自分の心を向けないように気をつけよ。進んで神の御旨の中に安息せよ。神に「あなたを所有してもらい、砕いてもらい、仕上げてもらえ」。そうするなら、神があなたを所有して下さる。

 証拠について一言。「自分が聖霊に満ちていることが、どうすれば分かりますか?」と尋ねる人が誰かいるだろうか?それを知ることにより、あなたはこれを確信するようになる。ヨハネ一四・一一と二〇の二つの御言葉を比較せよ。「私が父の中におり、父が私の中におられることを信じなさい」。「その日(御霊の充満があなたに臨む日)、私が父の中におり、あなたたちが私の中におり、私があなたたちの中にいることを、あなたたちは知るようになります」。「御霊の教えにより、信仰のみに立つべき時がいつなのか、あなたたちは知るようになります」。その日あなたたちは「この知識により、私とのあなたたちの交わりの豊かさを理解します」。御霊の充満はキリストをわれわれの意識に対して、現実の、内住する、すべてに十分な救い主とする。御霊はわれわれの注意をキリストから他の対象に逸らすことは決してない。御霊はキリストの栄光を表わす。御霊の充満を知れば知るほど、われわれはますますキリストをあがめ、ますますキリストで占有される。「御霊の経綸はキリストの啓示である」(カノン・ウェストコット)。

「霊の命にある自由の法則」 完


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ