「聖霊があなたたちの上に臨む時、あなたたちは力を受けます」(使一・八、改定訳)。

「彼らはみな聖霊で満たされた」(使二・四)。

「それで、イエスは神の右に上げられ、父から約束の聖霊を受けて、それをこのように注ぎ出されました。今、あなたたちが見聞きしている通りです」(使二・三三)。

「その日、私が私の父の中におり、あなたたちが私の中におり、そして私があなたたちの中にいることを、あなたたちは知ります」(ヨハ一四・二〇)。

「御霊に満たされなさい」(エペ五・一八)。

「どうか、平和の神御自身があなたたちを全く聖めて下さいますように。また私は祈ります。どうか神があなたたちの霊・魂・体を完全に守って、私たちの主イエス・キリストの来臨の日に責められるところのないものにして下さいますように。あなたたちを召す方は信実であり、この御方はそれもまた行って下さいます」(一テサ五・二三)。


 神の子供たちの多くは目を覚まして、奉仕のための力を求めている。聖霊だけがこの力を彼らに着せることができる。彼らは自分たちの経験によって、次のことを見出した。彼らが回心した時に実現されたこの祝福は、彼らのためにキリストの中に貯えられている「富」を使い尽くすものでは決してなかったのである。また、彼らが最初に主に従い始めた時以降、彼らの道に生じた新たな必要は、「私たちは信仰によって義とされて、私たちの主イエス・キリストを通して神との平和を得ています」という事実によっては(この事実は幸いではあるものの)満たされえないのである。

 しかし彼らは、エペソの回心者たちのように、これを理解していた。「彼の恵みの富にしたがって、彼の血による贖いと、罪の赦しとを得る」ことがどういうことか、彼らは理解していた。しかし依然として彼らのためのさらなる祝福があったのである。それを使徒はこの回心者たちのために次のような言葉で求めた。「どうか御父が、彼の栄光の富にしたがって、力をもって、彼の霊により、あなたたちを内なる人の中で強めて下さいますように。またキリストが、信仰を通してあなたたちの心の中に住んで下さいますように。またあなたたちが、愛の中に根ざし土台づけられて、すべての聖徒と共に、その広さ、長さ、深さ、高さの何たるかを理解し、そして、知識を超越したキリストの愛を知ることができますように。それは、あなたたちが神の全豊満をもって満たされるためです」(エペ三・一六~一九)。

 とても多くの人が、しばしば「聖霊のバプテスマ」と称されている祝福について、多かれ少なかれ考えてきた。少なからぬ人が、聖霊のパースン・務め・御業に関する教理のまさに第一原理についてのささやかな教えに欠けているせいで、その霊的行程で実際に後退してはいないものの妨げられてきた、とわれわれは信じている。

 最初に認識すべき点は、聖書の中に明確に示されているように、クリスチャンはみな聖霊を持っているという事実である。彼らは聖霊の影響下にもたらされただけでなく、聖霊御自身を受けたのである。「もし誰でもキリストの霊を持っていないなら、その人はキリストのものではありません」(ロマ八・九)。「注目すべきことに」とゴデット教授は述べている「キリストの霊という句は、ここではその前に出てくる神の霊という句と等価なものとして用いられている。イエスの霊は神御自身の霊であり、彼は神御自身の霊をこの下界で完全に御自身に適用することにより、御自身の個人的命に転換された。それは、その霊を御自分の民に伝達できるようになるためである。それ以降、教会における聖霊の働きはこの形による。魂とキリストとの間にこの命の絆がないなら、その魂はキリストとその救いに関してよそ者のままである」。同時に、われわれは次の事実を認識しなければならない。御霊を持つことと、御霊に満たされることとは全く別の問題なのである。ヨハネによる福音書(二〇・二二)に記録されていることから分かるように、昇天の前にもかかわらず、聖霊が実際に弟子たちに与えられたのであり、キリストは彼らに聖霊を息吹かれたのである。しかしペンテコステの日に、彼らは聖霊に満たされたのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ