「自分自身に気をつけなさい」(申四・二三)。

「目を覚ましていなさい。信仰の中に堅く立ちなさい。男らしく、強くありなさい」(一コリ一六・一三)。

「すべての事柄で目を覚ましていなさい」(二テモ四・五)。

「すべての祈りと願い求めによって絶えず御霊の中で祈りなさい。すべての聖徒のために根気と願い求めの限りを尽くし、このために目を覚ましていなさい」(エペ六・一八)。

「ですから慎んでいなさい。そして、目を覚まして祈りなさい」(一ペテ四・七)。

「慎んで、用心していなさい」(一ペテ五・八)。

「目を覚まして、死にかけている残りの事柄を強めなさい」(黙三・二)。


 目を覚ましていることの性質と、それが信者の生活の中で占めるべき地位とに関して、とても困惑している人が大勢いる。なぜなら、助けになる代わりに、魂にとって神と共なる歩みの邪魔になる類の、目を覚ましていることもあるからである。それは信者に、キリストに頼るよりも自分自身に頼るようにさせる。そして、自然な結果として、そのように目を覚ましていることは無駄に終わる。

 さて、当然のことながら、罪を犯すことから守られるために、また、われわれの日常生活の中で正しく導かれるために、目を覚ましていることが必要である。しかし、最初に次のことをはっきりと理解しようではないか。われわれの安全は、自分自身を守るわれわれの能力によるのではない。確かに、われわれの安全はわれわれが目を覚ましていることと密接に関係している。われわれは目を覚ましていなければならないし、絶えず目を覚ましていなければならない。しかし、次の幸いな事実を決して見失わないようにしようではないか。われわれを守って下さる方は主であり、ただ主だけなのである。「主が都を守られるのでなければ、見張り人のさめているのは空しい」(詩一二七・一)。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ