征服する力。もし勝利の生活を送りたいなら、まず第一に征服すべき敵は自己である。自己を征服できる唯一の力は神の力である。われわれがこの力の恩恵を受けるのは、それに服することによる――その下に入ることによる。キリストによって勝利の中を導かれることの何たるかを知るには、まずキリストの虜にならなければならない。キリストは常に征服者として前進しておられる。その行列の中に含まれている者たちをおいて征服者たちはいない。彼らが征服しつつあるのは、キリストによって征服されたからである。自分の言葉に部下たちが従う理由について、百卒長が述べたことに注意したことはあるだろうか?彼は「私は権威を持っている者だからです」と言ったのではなく、「私は権威の下にある者だからです」と言った。彼の信仰の偉大さはここにある。すなわち、天の神に対するキリストの関係を認識したことにある。「私も権威の下にある者です」。キリストの言葉に力があったのは、彼が神の権威の下にあったからである。百卒長は神の全能に対するキリストの関係を認識した。彼はこう考えたのである。自分の背後にローマの全権があり、自分が語りさえすれば事が成るのとまさに同じように、天の全権が人なるキリスト・イエスの背後にあり、彼が御言葉を語りさえするなら自分の僕は癒される、と。

 これが罪を支配する秘訣である。われわれは神の支配の下にいなければならない。それに全く服することの何たるかをわれわれは知らなければならない。「ですから、神の力強い御手の下にへりくだりなさい」。

 支える力。自分を引き上げようと常にもがいているように思われる神の子供たちがいる。人が水の中にいるのを見たとしよう。沈むのを恐れて、その人はもがき始める。だが、自分の奮闘は無駄なことがすぐにわかる。散々努力しても、沈んでしまうからである。しかし、この水そのものの中に、彼を浮かんだ状態に保つ力がある。確かに、信仰が必要であり、特定の条件を満たさなければならない。一つの条件は、もがくのをやめなければならないことである。その人をして、水の上に身を投げ出させよ、そして、沈まないようにしようとする努力をやめさせよ。自分を浮かび上がらせてくれる水に信頼させよ――そうするなら、沈む代わりに浮かぶのである!

 倒れることからわれわれを霊的に守ってくれる力を見出すのも、これと同様である。われわれは覚悟を決めて、神の全能の保護に喜んで自分を明け渡さなければならない。倒れることからわれわれを守る責任は神にある。われわれを保ってくれる神に信頼する責任はわれわれにある。

 守る力。われわれはこれをあらゆる方面で必要とする。われわれの上や下だけでなく――われわれを取り巻く――四方にも必要とする。われわれは「神の力の中に守られている」。神の力であるキリストは、信頼している魂がその中で守られる要塞である。敵がこのようにかくまわれているあなたを発見したとしよう。すると、敵はあなたのものではなく神のものである力によって対処されるのである。敵はあなたに触れることができない。「神から生まれた方(すなわちキリスト)がその人を守って下さるので、悪しき者がその人に触れることはありません」(一ヨハ五・一八、改訂訳)。

 造り変える力。神の力がわれわれを満たすことになる。幕屋が完成した時、神の臨在がそれを満たした。「こうしてモーセはその働きを終えた。その時、雲が会見の天幕を覆い、主の栄光が幕屋に満ちた。モーセは会見の天幕の中に入れなかった。雲がその上にとどまり、主の栄光が幕屋に満ちていたからである」(出四〇・三三~三五)。生ける神の宮であるわれわれがこの栄光を失う時、われわれは力を失う。神はわれわれを満たすことによってわれわれを造り変える。「それはあなたたちが神の全豊満をもって満たされるためです」が、使徒がエペソの回心者たちのために求めた祝福だった。

 最後に、勝利する力。すなわち、奉仕のための、挑戦的働きのための、苦難のための力である。ある有能な説教者はこう述べている。「教会は自らの内に、世界を征服するのに常に十分な力を持っている」(マクラーレン)。これは真実である。なぜなら、この力は教会の中におられる神御自身だからである。「私は彼らの中に住み、彼らの中を歩む、と神は仰せられる」(二コリ六・一六)。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ