さて、この造り変えの性質について考えることにしよう。

 もしわれわれが神の子供であるなら、われわれは「御子のかたちに同形化されるよう定められている」――これ以上に素晴らしい、慰めを与えてくれる思想は全聖書の中にない。それが完全な意味で実現されるのは、まだ起こり得ない。この似姿が完全になるのは、彼の出現の時である。「私たちは彼に似た者になります。ありのままの彼を見るからです」。

 しかし、この同形化は未来にのみ属するのではない。真の意味で、今起きるべきことである。これは、神の命が魂の中に入った後、段階的に進む変化である。われわれは「栄光から栄光へと同じかたちに」「変えられ」――造り変えられ――る(二コリ三・一八)。

 これは、ソブリン金貨が王女の像を帯びているのと同じような、上辺だけの見せかけではない。女王の像が金貨に刻印されているのは、その金貨を貨幣とするためである。しかし、その金貨は女王のかたちをしていない。その上に刻印されているだけである。

 造り変えは内側から生じる変化である。人の霊から始まり、段階的にその性質の各部分にわたって進む。神の御子のかたちへのこの同形化は、性格の変化から成る。性格は一度に形造られるものではない。性格を形造るには時間と訓練、選択行為における意志の行使が必要である。

 性格は行動の結果である。行動は状態の所産である。正しい行動は正しい状態の結果である。しかし、正しい状態が存在しうるようになるには、正しい性質・気質がなければならない。霊的成長にはこのようにこの四つの要素がある。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ