神の秘密

 しかし、神には一つの秘密がありました。神はこれをすべてご存じであり、何が起きるのかご存じだったのです。神はどんな出来事があるのかご存じでした。そして、その問題に応じるために、ご自分の方法を考案されたのです。この恐ろしい問題を解決する方法に関して、神は御心の中に一つの秘密をお持ちでした。この秘密のことを、パウロはこの手紙や他の手紙の中で「奥義」と呼んでいます。神はどのようにこれを行われるのでしょう?神は「万物をキリストの内にまとめ、結集」されます。神は御子を新創造を統合するための中心・領域とされます。新創造の中には、こうした分裂や争いはもはや何もありません。「万物をキリストの内に結集する」こと――これがエペソ人への手紙の要約です。私は言いますが、たとえ今まで何度これを聞いてきたとしても、これは私たちに衝撃を与えるに違いありません。

 それから、これに関連して三つのことが見えてきます。

 第一に、キリストの十字架です。ここでパウロが「敵意は屠られた」(二・十六)と述べていることに注意して下さい。十字架について多くの観念や教えがありますが、この御言葉は素晴らしいことを述べています。すなわち、十字架により、この敵意は制せられて、滅ぼされたのです。私たちの誰かの内に十字架の真の働きがなされる時、この類の国民的、国際的、個人的、社会的分裂はなくなり、クリスチャン間の分裂すらなくなります。十字架はそうしたものをすべて対処するための道具であり――実際に対処するでしょう。十字架が本当に私たちの存在の内奥にまで達するなら、私たち自身の状況や、私たちと他の人々との間の状況は一変するでしょう。十字架は何らかの働きを行います。そのため、私たちはもはや決して天然的立場に基づいて互いに交わることはなくなります。天的立場、霊的立場、キリストの立場に基づいて互いに交わるようになるのです。

 第二に、キリストが交わりの焦点、領域となります。私たちは「キリストの中で」交わります。「万物をキリストの内にまとめるため」――これは偉大な御言葉です。「キリストの中に(in Christ)」というこのささやかな句がどれほど多く登場するのか注意して下さい。すべては「キリストの中に」あります。キリストは、この素晴らしい新しい統合体の中心であり、領域です。使徒は言います、「一つ御霊の中で、私たちはみな、一つからだの中へとバプテスマされました」(一コリント十二・十三)。

 第三に、この手紙から明らかにわかるように、教会はこれをすべて入れるための器です。神の秘密は、御子が焦点となることだけでなく、教会がこの合一を展覧するための器となることです。現状がそうでないのは、何という悲劇でしょう!しかしそれでも、すでに述べたように、教会の真の表現がある所には、こうした分裂させるものは外側にあり、神の愛によるこの力強い統合が内側にあるのを、見いだすのです。

 もちろん、私たちはこのような句や用語に慣れ親しんでいます。しかし、次のことを理解するのは最も素晴らしいことです。すなわち、時が満ちる時(まだ「時が満ちる」には至っていませんが、その時はとても近いと思います)、神は万物をキリストの内に結集させようとされるでしょう――地理的に物質的に結集するのではなく、霊の一つの輝かしい実体の中へと結集されるでしょう。神はそうしようと決意しておられます。この御旨が実現する日は素晴らしい日でしょう。

 「敵意を十字架によって屠り」(二・十六)。親愛なる兄弟、親愛なる姉妹、これに注意を払って下さい。もしあなたとキリストにある別の兄弟姉妹との間に敵意があるなら、それは十字架を否定することです。それはキリストを否定することであり、教会を否定することです。これはとても厳粛なことです。あなたは他の兄弟や他の姉妹に対して敵意をお持ちでしょうか?「十字架により敵意は滅ぼされた!」とこの御言葉は述べています!十字架が取り除いたはずのもの――そうです、十字架は確かに取り除いたのです――が依然としてあるなら、十字架はどこにあるというのでしょう?キリストはどこにおられるというのでしょう?御霊はどこにおられるというのでしょう?教会はどこにあるというのでしょう?ここにはその余地はありません。

 三章でパウロはこのような偉大な祈りを祈っています(十四~十九節)、「私は父に向かって膝をかかめます……」。ですから、私たちは家族なのです!これが核心です。真の父親、真の家族の主な特徴は何でしょう?それはここでパウロが述べているもの――すなわち愛です。彼の言葉を聞いて下さい、「キリストが信仰を通してあなたたちの心の中に住んで下さいますように。それはあなたたちが愛の中に根ざし土台づけられ、強められて、すべての聖徒と共に、その広さ、長さ、高さ、深さを理解し、人知を超えたキリストの愛を理解するためです……」。このように大きな寸法の愛があるのです。この愛は、粉々になったものをすべてキリストの内に結集するというこの目的を達成することができます。このような広さ、長さ、高さ、深さを持つ、強い、強い愛だけが、これを行うことができます。この愛は偉大であり、十分にこれを行うことができます。しかし、あなたや私はすべての聖徒と共に、強められて、この愛を理解しなければなりません。この愛を理解するなら、神は目的を遂げられます。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ